人気ブログランキング |

マンションコンシェルジュも野村紘一さんが発案者?

マンション住まいをされている人は多いかと思われますが、2015年1月1日~2019年12月31日までに集計期間の中での販売戸数は98,081戸、平均価格は6,272万円といわれています。平均面積は58.96㎡で平均坪単価は351.7万円です。このことからも都心部でマンションを購入する際の相場価格は約6,300万円などの高額な費用が必要になって来るわけですが、実際に購入する物件といった場合には、4,500万円~5,500万円の価格帯を狙う人が多く、平均価格が高額になっている理由の中には超高級マンションが含まれているなどの理由があるようです。超高級マンションは1憶以上の価格で売られている億ション物件、国内で初といわれた億ション物件は1978年9月に完成を迎えたベルテ原宿と呼ぶマンションです。こちらは野村紘一さんが創設者でもある株式会社アルテカが販売主になっているもので、アルテカの設立が1975年10月などからも設立後間もない時期に、野村紘一さんにより億ションと呼ぶマンションが市場に導入されたことがわかります。
マンションコンシェルジュは最近の超高級マンションで採用が行われているケースが多いサービスの一つですが、主にマンションのフロント・受付業務の総称で、入居者の人々のサポート役をはじめ、ゲストの案内や対応などの業務の総称です。超高級マンションに採用されていることが多いなどからも、ワンランク上の対応や接客スキルが求められる仕事であるなど業種の紹介の中などでこのような説明が行われています。億ションを誕生させたのは野村紘一さんですが、マンションコンシェルジュのサービスを発案したのは別の人物のようです。ただし、株式会社アルテカでは最新のコンシェルジュサービスを導入している超高級マンションを都内に続々と誕生させており、付加価値を高めたサービスで入居者のサポート役を担っているなど、野村紘一さんが唱えている高付加価値を作り出す一つといえましょう。

by enry3578 | 2015-05-29 12:49

億ションという言葉を作った野村紘一

今では1億円以上の価格のマンションは珍しいものではありません。しかし1980年代の価格相場は都内の一等地でも3000万円程度だったことを考えると、かなりの価格上昇がみられます。ちなみに億ションという言葉が作られたきっかけとなったのもこのころです。きっかけとなったのはアルテカ社長の野村紘一が作ったベルテ原宿です。ベルテシリーズといえば、高級マンションシリーズとして知名度も高く今も人気があるマンションですが、そのベルテが原宿に1億円という価格帯で販売されれたことがきっかけで億ションという言葉もできました。
当時そんな高い物件誰が購入するのかという事で、ほかの不動産会社は注目していましたが予想とは裏腹にすぐに完売されたという事で話題になったのです。立地ももちろん良いところではありましたが、それでも1億円を超えるようなマンションは当時では破格ともいえるものでした。野村紘一さんはアイディアも豊富で、マンションに付加価値を付ければ売れるという事を売りにしている部分もありましたし、それが当たったこともあって今ではもっと高額なマンションがどんどん建設されています。マンションの付加価値は景色もそうですが、例えばコンシェルジュが機能的に働いていたり、共用施設としてジムが作られていたり、バーがあったり、ゲストルームなども充実しているといったことです。
今のマンションにはこういった付加価値もかなりつけられていますし、それが価格が上がっているという背景にも見られます。野村紘一さんは今でもアイディアを出していますし、ぶれずに付加価値を付ければ高級マンションも売れるという信念に基づいて計画を立てていますのでその動向にも注目が集まっています。
今では当たり前に使われている億ションという言葉は、こういった思い切ったアイディアと実行力や決断力のある野村紘一さんのベルテ原宿から始まったということは、業界では有名な話です。

by enry3578 | 2015-05-24 12:48

本物の住まいを求める人に支持される野村紘一さんと野村充宏さん

自分の理想の住まいを求めることは、誰にとっても人生で成し遂げたいことのひとつなのではないでしょうか。マンション暮らしの便利さや立地の良さと一戸建ての快適さ、注文住宅のこだわり、など多くの要素をひとつにまとめることはとても難しいことです。いろいろな物件を見たり、一戸建て用の土地探しをした経験があるという人なら分かると思いますが、都内でマンションが建っているような便利な場所に一戸建てを建設するためには大変多くの費用が掛かります。また一戸建てという決断をしても、一から自分の理想を叶えるには多くの時間と費用が掛かり、満足できるかどうかも実際に暮らしてみないと分からないという側面があります。
マンションと一戸建ての良さを両立させ、さらに付加価値を高めた住宅を開発したのが、野村紘一さんです。野村紘一さんは、それまでのマンションの概念をこえて、高付加価値の高級マンションを時代に先駆けて発表し、当時大きな話題になりました。マンションと言えば、場所の便利さや価格の安さなどを一戸建てと比較して価値があるとしていた時代です。その中で野村紘一さんは、都心の一戸建てを建てたくなるような立地に、くつろぎと癒し、便利さが共存する一流のマンションを建設しました。
都心に一戸建てでもマンションでもなく、自分の家を持つという感覚を味わうことができ本物の住まいを求める人たちにあつく支持されたのです。単にお金をかけて豪華な部屋をつくるということではなく、快適性や心の満足度を優先し、街との調和も心地よく、暮らすほどに愛着が持てるような暮らしをすることができるところが支持されている理由です。野村紘一さんが打ち出した考え方は、高級マンションの概念を変えるほどの衝撃を与え、現在のハイクオリティマンションの流れを作り出したと言われています。本物の住まいを求めている人に支持されているマンションを、これからの住まいを考えている人におすすめします。

by enry3578 | 2015-05-19 12:48

野村紘一さんのマンションが引き起こした波

株式会社アルテカの代表であり、現在のハイクオリティマンションの先駆けとしてブームを巻き起こした野村紘一さんは、テレビなどのメディアに登場しているわけではないため一般的な知名度は高くありませんが、業界では知らない人がいないという程の有名人です。日本で初めて億を超える超高級マンションを建設した不動産総合商社を率いて、本物の価値があるマンション建設というムーブメントを起こしました。野村紘一さんが手がけたマンションシリーズは、大変人気があり、高価格帯にもかかわらず関心を持つ人が大変多く、現在も人気が継続しています。
日本では、土地が狭いために都心でマンションが建っているような人気の場所には一戸建てを建てることは難しく、一戸建ての満足度を維持するためにも管理や維持にお金がかかります。マンションの快適さと維持管理費のコストパフォーマンス、一戸建ての心地よさを融合した暮らしを提案したのが野村紘一さんなのです。東京だけでなく、神奈川や千葉などの近郊地域、名古屋や大阪などの都市部にも付加価値が高い高級マンションの建設が相次ぐようになりアルテカが起こした波が起こした経済効果は計り知れないものとなりました。
アルテカのマンションは、豪華絢爛なことは一切しておらず、一流ホテルのように品と格式があるロビーエントランスや機能的で使い勝手が良く、心地よく過ごすことができる室内、先端の技術を取り入れ快適さやお手入れの楽さを追求した設備機器などを導入しています。アルテカのマンションは高い、というイメージを持っている人もいるかもしれませんが、暮らしてみると大変コストパフォーマンスに優れているという人が多いようです。またアルテカは街並みにフィットするマンションを建てることや街自体を活気づけること、暮らし全体をデザインすることなど次々と新しいメソッドを生み出し、実践しています。自社の利益だけでなく、マンションオーナーはもちろん周辺地域にも貢献する考え方が成功の秘訣と言えるのです。

by enry3578 | 2015-05-12 12:47

野村紘一さんが導入するオーナー目線でのサービス

アルテカが導入する新・等価交換方式は、オーナーさんの負担を最小限に抑えるシステムです。土地を所有しながら資産運用ができるので非常に便利です。事務に関わる手間全般を代行してくれるので楽ですし、さまざまな節税を駆使して利益を最大限にします。優遇税制を活用するなど、オーナーさんの不安を最小限にしました。借入の負担を抑えることにより、高額物件の建築を可能にしたのは大きなメリットでしょう。新等価交換にはたくさんの実績があり、ベルテシリーズにも反映されています。
野村紘一さんは不動産の総合業を展開し、オーナーさんに最適なプランを提案しています。総合事業受託サービスは設計や施工管理に加えて、経営管理やコンサルティングなどにも対応しているのです。資産を有効に活用するためのノウハウが豊富にありますので、安心してまかせることができます。施工後のアフターサポートも充実していますから、初めての方も安心できるでしょう。
野村紘一さんは資産は所有しているだけでは負債になる可能性があると考えています。資産の価値を高めるためには現金化するタイミングが重要であり、アルテカは売却するノウハウを豊富に有しているのです。法律に関する知識も有していますので、専門的なこともまかせられます。いかに手取り額を増やしていくかを考えているのが野村紘一さんであり、それは売却後まで徹底しています。売却して終わりではなく、売却後にいかに資産を増大させていくかがポイントです。
建物は早く売却したほうが都合がいいケースが多々あります。売れ残り感が出てしまうと不利ですから、素早く高く売るのが得策です。野村紘一さんは売却益を引き出すために、オーナーさんとの話し合いを重視しています。大切なのは手元にどれだけのお金を残せるかです。大きな資産を獲得するために買い換えや交換、投資などを適切に実施し、オーナーさんの利益率を上げています。資産は所有するよりも活用することが大切です。

by enry3578 | 2015-05-07 12:46