人気ブログランキング |

野村紘一さんや野村充宏さんが大切にしていること

不動産販売や管理事業、建設事業など幅広い実績があり、堅調な経営を続けている株式会社アルテカの野村紘一さんは、1975年に創業させたアルテカで日本で初めての億をこえるマンションを開発し、マンション業界での常識を築いた人物です。現在では、超高級マンションが当たり前になっていますが、当時は贅沢すぎて買い手がつかないと言われていたものでした。億単位の金額を出さなければ購入することができな物件を購入する人がいないと言われていた時代に、高い付加価値があるマンションに顧客のニーズがあることを見通し、都心の一等地を開発して超高級マンションの建設に乗り出しました。富裕層をターゲットにしたマンション販売は、富裕層は一等地に贅沢な注文住宅を建てるという概念を覆し、満足できるマンションで暮らしたいというニーズと見事にマッチしたのです。
等価交換方式も野村紘一さんが作り出したシステムで、オーナーの負担を軽くすることができるため現在では様々な企業がこの仕組みを活用しています。先進的な取り組みを次々と行い、成功していくのは野村紘一さんの運がよいということではなく、顧客に寄り添う姿勢が徹底しているからということができます。高級住宅地で悩んでいるオーナーが多かった相続や税金の問題を、オーナーとのネットワークの中で気付き、気付きから問題を解決する方法を探っていくことで、メリットを生み出していくことを実践したからこそ、現在の業績につながっているのです。
野村紘一さんが大切にしていることは、顧客に徹底的に寄り添うという姿勢です。現在では、単に成功したノウハウを使って建築や不動産販売、不動産管理をするだけではなく、住まいに関連するセキュリティ事業や周辺環境丸ごとの解発、健康や美容などの分野も視野に入れています。不動産事業を軸に日本の社会問題に取り組んだり、生活の質を上げるような取り組みを目指しているのです。日本人に大変人気があるハワイへの進出も果たし、株式会社アルテカのノウハウを生かした事業を展開していくと期待されています。

by enry3578 | 2015-04-30 15:13

野村紘一さんのマンションに住みたい

社会人になってから独り暮らしをしていると、誰からも干渉されることがなく、自分で稼いだお金で好きなように生活できることに大きな満足感を感じています。結婚適齢期に差し掛かると、友達や同僚が結婚をしたり子どもを持つようになりましたが、自分もいつかは結婚をするかもしれないと考える反面、それ以外の生き方もあるのではないかと考えます。
今は元気に働けて趣味も多いので毎日が充実していますが、将来については誰にもわかりません。現在は孤独を感じることはなくても、定年退職を迎えたときに仕事をやめることで社会とのかかわりが無くなると寂しさを感じることがあるかもしれないからです。またそんなときに病気になったら気弱になってしまうかもしれませんし、介護が必要な状態になると一人では生きられないのではないかと考えます。ただそのような不安がある一方で、これから先の未来は野村紘一さんが考えるような未来になるかもしれないという気持ちがあります。
野村紘一さんは多くのマンション建設に携わってきた人物ですが、マンションは住まいとしての意味だけでなく、生活に深くかかわるものだと考えています。特にこれからは少子高齢化が進みますから、マンション内に保育施設や介護施設、医療機関を導入することも検討すべきだと考えているようです。そうすることでマンションの住民がいつでも医療や介護サービスを円滑に受けることができますし、送迎などの手間もかかりません。介護拠点を作るとなると莫大な費用が必要になりますが、マンションの一室を利用することによってそれを削減することができます。住人以外にも周囲に住む人が集うようになれば、マンションそのものが活気がでるだけでなく、周辺にも商業施設を誘致できるようになるかもしれません。そうなったら独り暮らしでも寂しさを感じることはありませんし、介護や医療サービスを受けられるのであれば最後まで安心して楽しく生きられるでしょう。

by enry3578 | 2015-04-23 15:13

野村紘一さんの持つ先見の明に驚きました

両親が結婚してから購入したマンションに今でも住んでいますが、築年数が20年をこえると様々なところに劣化を見るようになったり、設備の古さを感じるようになりました。
特にインテリア雑誌を見ていると、20年前に建設された物件と現在の間取りとは、大きな違いを感じることが多いです。以前は部屋を大きくすることを重視していたので収納スペースが少なくなり、それが結果的に部屋の中にものを散らばらせる要因になっています。しかし現代の物件では隠れた収納スペースをあらかじめ作ることによって、部屋を綺麗に片付いた状態にすることができます。部屋に物が散らばらないようになることで、すっきり見せることができますし、掃除の手間を省くことにもつながります。リフォームをしたくても、壁が薄いので制約があることも少なくありません。
しかし先日、学生時代の友人がマイホームを購入したというので見せてもらうことにしました。築15年の中古マンションですが、内装が驚くほど綺麗で間取りもすっきりした状態だったので、本当に15年前に建設されたものなのかと驚くほどでした。その物件は、多くのマンションを手掛けた実績を持っている野村紘一さんがかかわったもので、当時としては珍しく収納を多く作ったものだったようです。また10年以上先を見据えて作られているため、リフォームをするときにも様々なメーカーの設備で対応できるように、キッチンなども広く作られていることがわかりました。確かに多くのメーカーでリフォーム用の設備が提供されていますが、間取りに合わないものもあります。
野村紘一さんは新築ラッシュが続いた後は、日本も既存のものを活用しようと考える傾向が強くなるだろうとあらかじめ予想していたことから、リフォームに対応できる間取りを提供することを重視しました。そのおかげで、野村紘一さんが携わっている物件は年月がたっても古さを感じさせず、リフォームがしやすいものになっています。

by enry3578 | 2015-04-17 15:12

野村紘一さんのマンションへのこだわりに驚いた

入社した後に研修を受けましたが、その後に配属された部署で直接仕事を教えてくれた先輩がいました。仕事の指導が終わった後は、同僚としての付き合いが始まりましたが、気さくな性格だったので友達のように仲良くなれました。その先輩が2年ほど前に結婚をしましたが、そろそろマイホームを購入しようと考えているという話は以前から聞いていました。予算や立地などを考えて、最初は新築物件が欲しかったけれど中古物件にしたと話してくれました。
引っ越したので遊びにこないかと誘われたこともあり、お祝いを持参がてらお邪魔することにしました。築年数が10年以上たっていると聞いていましたが、外観は新築のように見えるくらい美しく、デザインもお洒落だと感じました。さらに驚いたのが、内装が完全にリフォームされていたこともありますが新築のように美しく、間取りもモダンな感じがしました。とても良いマンションだと感じていたら、野村紘一さんが携わっている物件だと知り納得しました。自分も子供の頃からマンション暮らしだったので、住みやすいところと住みにくいところはある程度わかっているつもりです。玄関が狭かったり、壁が薄いというのか共同住宅が持っている悩みです。
しかし野村紘一さんのマンションは、住民が快適に住むことにこだわるだけでなく、未来を考えて建設されています。そのため防音設備がしっかりしているだけでなく、玄関を広めにとることによって間口に余裕を持たせることを可能にしています。そして未来を考えて建設するために、劣化がしにくくメンテナンスの頻度を下げることを実現していることがわかりました。建築素材を見ても、頑丈なつくりになっているものが多く、細部にこだわりが見られました。リフォームがしやすいように、様々なメーカーの設備を導入できるようになっていることもプラス面が強く、このようなマンションであればこの先もずっと安心快適に住めると実感しました。

by enry3578 | 2015-04-11 15:12

野村紘一さんは都会の生活を大きく変えました

野村紘一さんは都会の生活を大きく変えた人といっても過言ではありません。これまで都会は働く人が集まる場所として位置づけられており、人が住むところではないと言う印象が強くありました。しかし、現代は都会に住む事は1つのステータスシンボルに位置づけられており、多くの成功者が都心に住むことを希望しています。中でも従来は一等地と呼ばれ資産運用の重要なものに位置づけられていたところに住んでいる人が非常に増えているのです。
都会はこれまでの交通の便が良く、また様々な施設が多く存在している場所でもありましたが、実際に生活をするとなると生活必需品を購入する場所がなかったり、周囲にオフィスが多く存在しているために夜遅くなっても電気が消えず、また人の声や雑踏などが非常にうるさいと感じる場所が多かったものです。そのため都会で働く人も自分の自宅は遠く離れた郊外に設け、長い時間をかけて会社まで通勤をするというのが一般的でした。
しかしこれでは様々な問題があり、野村紘一さんは文化的な生活を送るためにはこれらの現象を改善しなければならないこと、また単に働く場所の機能だけでは都心の機能を半分も有効活用していないと考えており、その機能を最大限に生かすために都会に住む人を集めることを考えたのです。そのためにアルテカを設立し、都会に住むことを希望する人にのみ物件を販売するという戦略を打ち出しました。
野村紘一さんの戦略は多くの人に受け入れられ、多くの成功者が都会に住み始めることで都心に住むことが1つのブームとなっていたのです。現在では生活環境も以前に比べて格段に充実し、必需品を購入できる様々な商業施設が都心に進出していきた事や、従来に比べ周辺の環境も文化的に整いつつあることから、外では社会全体として野村紘一さんの思想を踏襲する動きが高まっています。最近では都心のマンションも非常に増えており、一時期のように成功者でなくても、非常に住みやすい環境へと変化をしているのです。

by enry3578 | 2015-04-04 15:11