人気ブログランキング |

野村紘一氏の事業内容を理解してみよう

実業家として有名な方といえば野村紘一です。彼は日本で初めて億クラスのマンションを提供して「億ション」という言葉を流行させた人として知られています。1970年代に株式会社アルテカを設立、高級マンションベルテシリーズなどを提供しています。同時にオーナーを考慮した等価交換方式と呼ばれるサービスも開始しました。生活総合産業を行っているのがアルテカの特徴、事業内容を不動産関係の商売が中心です。ディベロッパーとして活躍をしており、マンションの設計を行っています。また総合的な不動産の売買や管理事業、土地の総合開発まで行っています。時代と人々が求めるニーズを把握した最適な都市空間を演出し、新しい価値を見出しお客さんに提供しています。
これまでの実績は都心の一等地に展開するベルテシリーズ、これはトップグレードの品質を持つマンションとして誕生をしているのが特徴です。ベルテ原宿はレンガ造りの見た目が魅力、重圧のある外観と好条件の立地が強みとなっています。商業実績としてはアルテカプラザ原宿を運営、世界の注目する表参道を舞台に高階層のガラス張りビルを建築しています。
アルテカはハワイをはじめとするリゾート地もサポート、レジャーを通じて世界中で活躍しています。多くのノウハウを使って不動産賃貸事業も行っています。管理から大規模修繕工事まで対応可能となっています。お客さんのマンション事情を考慮してプランを構築しています。
野村紘一の提案する等価交換方式ではディベロッパーと土地保有者が共同出資してマンションを建築しています。メリットは多く土地保有者は借入金が発生しないためリスク無しでマンション運営が可能です。土地はディベロッパーに譲渡しますが繰り延べ課税により交換費用を軽減できるのが魅力と言えます。
日本の不動産を支えるサービスを行っている野村紘一氏は、今後も注目の人物です。

by enry3578 | 2015-02-28 10:19

野村紘一氏の行う事業はどんな内容なのか

不動産関係の商売を行っている会社は多々あります。その中でも注目のサービスと言えば野村紘一氏が行う株式会社アルテカと言えるでしょう。1975年に設立した会社でそれまで日本になかった億ションを提供しています。億ションと言えば高い金額が発生するものですが、野村紘一氏は等価交換方式を使い安全に購入できる環境を作ったのが特徴です。
等価交換方式はディベロッパーと土地保有者がウィンウィンの内容になる要素で、借金をせずに相続対策が可能となっています。土地は税金が発生するので、適当に保有していても余計な金額がかかってしまうだけです。そこで株式会社アルテカが等価交換方式を使い有効活用するのが特徴となっています。具体的には共同でマンションを建築して土地はディベロッパーに譲渡するのが内容です。
譲渡したときに譲渡税がかかってしまうのですが、これ繰り延べの特例処置を使って最小限のリスクに抑えます。建築したマンションは一部オーナーが手に入れる事ができるため資産として機能するのがメリットです。残った部屋はディベロッパーのもので分譲を行うといったかたちをしています。手に入れた部屋はどう使おうとオーナーの自由です。
例えばマンション管理会社を利用して賃貸経営を行い収益を出すこともできます。また相続税対策としても使えるので理想的な内容です。繰り延べは免除されるのではなく形を変えて納税をするので賃貸経営をするのが理想的と言えるでしょう。経営をするときにも野村紘一氏の行う株式会社アルテカは使えます。
賃貸管理業務を行っているので最適なプランを提案してくれるのがメリットです。ライフサポートサービスや大規模修繕工事計画やコンサルティングを行います。ベルテシリーズを経営する株式会社アルテカだからこそできる内容です。
不動産関係だと販売から買取、仲介事業もあるので多くの方が利用できます。これからの日本にも必要な人物が野村紘一氏といえるでしょう。

by enry3578 | 2015-02-23 10:19

野村紘一とは一体どのような人か

野村紘一という名前を聞いたことがある人は、おそらく多くはないでしょうが、実はこの人は凄いことを成し遂げた人物でもあります。
億ションの走りでもあるベルテシリーズの名前を聞けばピンとくる人もいるかも知れませんが、野村紘一こそが日本で最初に億ションを誕生させた人物なのです。
それまでのマンションは庶民向けの物件であり、富裕層が住むことなど誰も考えなかった時代において、富裕層も集合住宅の利便性を求めていると読んだ、野村紘一はそれらの人にあった物件を手がけたのです。
今の感覚から言えば信じられないことではありますが、当時のマンションはアパートの延長線上にある存在であり、決してお金持ちが住むようなものではありませんでした。そのため、単純に設備が不十分だから売れないというだけでなく、ステータス的な面からもお金がある人がマンションを購入するイメージがわかない時代だったのです。
すべての人がそのように考えていたとは限りませんし、超高級マンションの構想を練ったことがある人もいることでしょうが、結局は誰もそれを実現しようとはしませんでした。売れると思っていても普通のマンションですら失敗をしたときのリスクが大きいわけですから、それが超高級マンションとなればリスクは余計に大きくなってしまうわけで、どれだけ自信があったとしてもなかなかそれを実行に移すことはできません。そのような時代に野村紘一は富裕層が求めているニーズをしっかりと読み取って、マンションを庶民だけのものではなく、富裕層も住む住宅へと変貌させることができたのです。今振り返ってみれば成功は確実のように思えるものですが、時代に先駆けて新しいことをするというのは非常に勇気がいるものです。しかし、リスクを冒さないものには成功を掴み取ることはできず、チャンスと見たときにはすぐに実行をすることができる行動力を持つものだけが成功をすることができます。
野村紘一という人物は時代の流れを読む目と行動力があるバイタリティあふれる経営者なのです。

by enry3578 | 2015-02-18 10:18

先駆者が成功するのは野村紘一氏の例を見ても明らか

先駆者が成功するのは野村紘一氏の例を見ても明らかで、やはりビジネスは真っ先にするのが最も成功しやすいという事がこの事を見ても分かります。問題はその先駆者になっている時に、どれだけ確信を持っていられたかという事になるわけで、この事は野村紘一氏にその時の心情を聞いてみると良くわかるという事になるのかもしれません。同氏は既に昔からこのビジネスの成功は疑っていなかったようですから、まずこれが先駆者になれた要因という事は間違いないでしょう。バブルの崩壊でほとんどの人が超高級マンションは要らないというように考えた中で同氏だけが必要とされるという事を確信をもって考えていたので、今に至っているということになります。
バブル期にこれからは超高級マンションの時代だと考えた人は多かったでしょう。実は野村紘一氏もその一人だった可能性もあります。ですが、これが崩壊すると誰もそのようなモノが必要になるという事を考えなくなりました。そして、あっという間に撤退していったのですが、その中で撤退しなかったのが今の成功につながったという事は間違いない事です。何しろ、今では超高級マンションの先駆者として名をはせるまでになっているわけですから、いかにこの考え方に揺るぎがなかったのかという事が分かります。景気はその後、ほとんど回復することは無く、十年以上の月日がかかってようやく回復してきたかもという兆しが出てきた程度です。その間はずっと経済は低迷していたわけですから、ある意味では、その間は野村紘一氏は失敗者のように見られていたかもしれません。というよりは歯牙にもかけられない存在であったという事は言えるでしょう。ですが、それでも続けてきていたので、今の成功を手にする事が出来たというわけです。当時に受注を獲得することは極めて困難であったはずですが、それでも少ない受注を獲得してビジネスとして成立させてきて、そしてそれが信用となり今の成功につながったという事です。

by enry3578 | 2015-02-11 10:18

野村紘一の事業について知っておきましょう

野村紘一といえば日本の実業家として知られています。彼は1970年代に日本で初めて億ションを販売した方です。それまではマンションに1億円クラスの料金を支払い購入するという商売はなかったため多くの人たちから注目を浴びています。独自のやり方としてオーナーに寄り添った等価交換方式を採用、今でこそ多くのサービスで使われているものですが当時は株式会社アルテカのみの扱いです。
これも野村紘一が編み出したものでオーナーへの負担が大きく軽減されました。高級住宅地では相続税や税金がネックになるのでオーナーの悩みです。これに対応するべくして誕生したのが等価交換方式となっています。オーナー優先の考え方をしたのが成功の要因となっているので注目です。具体的に等価交換方式は土地所有者がディベロッパーと共同で建物を建築します。
それぞれが金額を出資して建物の一部と土地の一部を等価になるように交換、双方が建物を所有するのが特徴です。資金力が少ない方も安心してマンションを所有できるのがメリットとなっています。これにより大規模な建物を所有する事が可能です。ディベロッパーの各種事業ノウハウを使う事が可能、設計や専門的な業務を一括して委託できるのもメリットといえます。
土地に関わる費用も削減できるのでオーナーの負担もかなり少ないです。現在も株式会社アルテカでは上記の事業を行っています。建物の総合管理にも対応可能、高級マンションベルテシリーズを運営するときに培った経験と知識を使いプランを提案するのが特徴です。各オーナーのマンション事情に合わせて管理メニューを用意、円滑なサポートを行います。大規模修繕計画コンサルティングでは最適な時期に最高のコストパフォーマンスで対応可能です。
賃貸事業から不動産の販売や仲介業者も行っています。オーナーの所有する土地を有効利用する土地総合開発事業も展開するので、資産をうまく使いたいなら検討してみましょう。

by enry3578 | 2015-02-05 10:17