人気ブログランキング |

野村紘一さんへの憧れについて

小さな頃に父親が亡くなったことから、幼い頃から母親に育てられました。母親は私の面倒をかなりよく見てくれたのでとても幸せです。しかし、父親がほとんど自分の人生において不在だったために、父親のように憧れを持つことができる存在を欲しいと思っていました。しかし、父親のような存在が欲しいと言っても、誰でも良いという訳ではなかったのです。つまり、言い換えるのであれば信頼できて尊敬することができる存在を見つけたいと思っていました。
昔から読書をすることが好きなのですが、本を読んでいる時には様々な発見をすることがよくあります。日頃はあまり考えなかったような考え方に触れることができるために、とても面白いと感じることも少なくありません。そのようなことから本を読むことをやめられないと思っているのですが、先日もまた本が大好きになるきっかけとなる出来事がありました。
その出来事とは、野村紘一さんという存在を発見したことだったのです。野村紘一さんに興味を持ったことも、以前読んでいた本との繋がりがありました。というのは、野村紘一さんを発見する直前に、建築家たちがテーマとなった小説を飛んでいたのです。建築家や不動産業界にとても強い興味を持っていた私は、野村紘一さんの存在が自然と目に入るようになりました。しかも、小説ではなくて実際にそのような人がいると知るだけでも、すごく緊張感を感じられるようになったのです。
それ以来、もっと野村紘一さんについて知りたいと思っています。今ではオンラインの記事を読んだり、本を探しているところです。今後は私自身も本を書くことが夢なので、いつか彼について本を書くことができれば良いと感じています。その夢を実現させるためにはまだまだ準備をしたり勉強をしていく必要がありますが、ずっと諦めずに必ず実現させたいと感じているのです。建築に関する知識も学べていけば楽しそうだと思っているところなのでしっかりと取り組みます。

by enry3578 | 2014-12-28 11:08

野村紘一ならではの高級マンション経営のポイント

不動産投資の中でもマンション経営は魅力的ですが、どのようなスタイルの施工で行なうかによって満足度が変わります。入居者にとっての満足度の高いマンションを目指すときに役立つのが、野村紘一の高級マンションです。土地が備え持っている価値に注目し、どのように有効活用すれば地価に対してふさわしい活用方法と呼べるのかを具体的に提示しているのが野村紘一の特徴です。土地の価値で注目したいのが遺産相続などで継承された場合です。相続税の納税額に対して、どれだけの税金を準備できるのかを冷静に考えたときに、不動産を継承しても納税が困難な状態になってしまっては有効活用どころか維持管理も大変です。
野村紘一は相続した土地の地価に注目し、相続税の課税額が高くても価値のある不動産物件を提供することで収益を得て納税をスムーズにする方式を提案しています。マンションを建築することで多くの世帯が入居できるようになり人口が増えます。地域の活性化にもつながる不動産になりますが、マンションに高級志向の雰囲気を付け加えることで新しい入居者は収入や生活レベルが高い世帯が多くなりますので、人口が増えるだけでなくテナントの誘致や商店街の活性化につながる要素も含んでいるのがポイントです。
野村紘一は土地の価値に対して見合った不動産を提供する姿勢を貫いていますので、設計デザインの面からも高級感の溢れているマンションに仕上げています。高級マンションは高額ですが人気が高く、即日完売となる物件が多いのも見逃せないポイントです。土地を相続した人が入居して住み続ければ、マンションの管理にも役立ちますので定期メンテナンスの実施を行うときや大規模リフォームを決定するときに所有者と入居者の両方の視点を発揮できる強みになります。高級マンションは入居者にとって満足度の高い生活空間になりますので、いかに維持管理するかも重要な課題ですが、所有者が入居することで管理会社に任せきりの運営ではなく入居者の意見を反映しやすくなるメリットが得られます。

by enry3578 | 2014-12-22 11:07

アルテカの代表の野村紘一氏について

皆さんは株式会社アルテカはご存知でしょうか。不動産のお仕事にお勤めの方はご存知かもしれませんが、この会社は不動産マーケットに新しい価値観をもたらしたことでも知られている不動産関連の会社です。この会社を率いるのが野村紘一氏です。野村紘一氏は、今では一般的になった「億ション」のアイディアを発想したはじめての人物との評価があります。
アルテカは創業以来野村氏の強力なシーダーシップのもとに確実に業績を伸ばしてきました。現在は本社を東京都港区に構え、資本金は1億7000万の企業まで成長しています。ちなみに、アルテカの創業は、1975年(昭和50年)10月4日です。グループの従業員の数は200名で、年間の売上は121億円ほどです。土地や建物の売買だけではなく、リフォームなどの施工業務も手がけており、不動産の事ならワンストップで何でも相談できるのもアルテカの魅力と言って良いでしょう。
実際に取り扱っているマンションの物件情報は公式サイトにもしっかりと掲載されているので少しでも関心のある方はぜひ確認をしてみてほしいです。洗練されたデザインの物件は、そこにする方を豊かな気持ちにする力があるのではないかと感じてしまいます。
またアルテカのお客さんの中には、大物歌手のご子息の方がいらっしゃいまして、その方との対談の内容もサイト内に掲載されています。アルテカの考え方を知るためにも貴重な対談になっていますのでとても参考になるはずです。野村氏の将来に対する熱い気持ちも伝わってきます。十分に成功を収めた方であることは間違いないはずですが、彼は現状に満足することなくこれからも不動産業界の発展、お客の幸せのためにさらに前に進んでいくのではないかと感じさせられます。安心安全な住環境と高付加価値を提供することをこれからの大きなミッションに掲げるアルテカは、目の離せない不動産関連企業といって間違いありません。

by enry3578 | 2014-12-17 11:07

億ションを誕生させた野村紘一の凄み

アルテカの野村紘一は日本に億ションというものを誕生させた第一人者ですが、これは非常に凄いことだと感じます。今でこそ億ションは誰もが憧れる住まいの一つであり、成功者の証でもありますが、野村紘一がこのような超高級マンションを手がけるまでは富裕層向けのマンションはなかったと言います。
その当時は庶民が済むためのマンションしかなく、お金持ちはそもそも集合住宅に済むはずがないと考えられていたのです。
今の考えからすれば信じられないことですし、お金持ちだからといって必ずしも一戸建てでなければならないということはなく、集合住宅の利便性を求めている人がいるということも想像がつきそうなものですが、当時はそのような概念はなかったのです。
もちろん、すべての人が超高級マンションを考えなかったとは言い切れませんが、それを実行に移すだけのポテンシャルを持った人はいませんでした。もしかすると野村紘一以外にも超高級マンションの構想を思いついた人は何人かいるかも知れませんが、結局実行をできないのであれば意味がありません。考えるだけであれば多くの人が超高級マンションを作れば売れるかも知れないと考えたかも知れませんが、マンションは庶民のものという時代にそのようなマンションを作るというのは簡単にできるものではなく、アイデアは思いついてもそこで終わってしまう人ばかりだったわけです。
そのような時代にあって野村紘一は富裕層もマンションを求めているから、それらの人にあった物を作れば売れると考え、更には超高級マンションを実現してしまうバイタリティというのは大きな凄みがあると言えます。行動をすることは大事と言っても実際に多くの人はリスクを恐れて、なかなか行動をすることができないものです。行動ができない人が多い中で、まだ誰もなし得てなかった超高級マンションを実際に手がけて販売してしまう野村紘一の行動力というのは、結果以上に称賛されるものでしょう。

by enry3578 | 2014-12-12 11:06

野村紘一さんは「億ション」開発の先駆者

野村紘一さん率いる株式会社アルテカは1975年の創業以来、日本で初めての億ション「ベルテ原宿」を開発・販売しました。
東京都内の3LDKマンションが平均価格1500万円だった時代に、いくら都心とはいえ1億円のマンションが売れるのかいう周囲の声に反して結果は完売でした。これ以降、300棟を超える億ションを開発・販売してきました。
1990年前後のバブル崩壊以降10年以上続いた地価下落は、土地神話を崩壊させました。これと共に多くの不動産会社が消えていきました。ところがマンション開発・販売のアルテカグループは堅実な経営を続けています。これは野村紘一さんの理念の賜物と言えるでしょう。
野村紘一さんの発想は以下のとおりです。
①日本は国土が狭く、さらに平野が少なく急峻な山が多い。
②にもかかわらずヨーロッパの先進国と比較すると、土地の有効活用は遅れている。
③限られた国土の付加価値を高めて、有効活用できる開発をする。
以上の理念を実践した結果が、超高級マンション「億ション」の日本で初めての実現です。
アルテカの成功を見た他社はこれに追随しました。都内一等地を中心に「億ション」が次々と建設されていきました。
また、野村紘一さんはマンション建設をする土地の特性を活かす建物を意識して設計やデザインをします。そのため同じマンションは2つとなく、全て違った特徴を持たせます。その土地にあった建物を追求することが、アルテカの成長の秘訣であると考えます。
この「億ション」発想の根底にある野村紘一さんの経営理念は「生活総合産業」になることです。これは、衣食住全てにおいてトータルな貢献を行うというものです。現在は衣食住のうち「住」を手がけ成功、成長を続けていますが、今後は「衣」と「食」も手がけていくという理念です。不動産は「住」の場所を提供して、「まちづくり」をしていると言えます。「まちづくり」したら「衣」「食」の提供ができるようになれば、顧客一人ひとりの生活を総合的にサポートできるのです。

by enry3578 | 2014-12-06 10:59