人気ブログランキング |

野村紘一氏の率いる会社がこれから伸びてきそう

野村紘一氏の率いるアルテカという会社がこれから伸びてきそうです。というのはこの会社は超高級マンションを手掛けているのですが、その人気がどんどんと高くなる一方だからです。この野村紘一氏は億ションを最初に手掛けたともいわれている人物で、今の超高級マンションのブームの先駆者でもあると考えられている人物です。その人が日本が不況の間も超高級マンションを手掛けづけてきたわけですから、他の業者とは信用という点で大きく異なるという事は間違いありません。物件が魅力的なのは当然として、これまでに実績があるという事は大きな魅力と感じる人は富裕層には多いでしょう。
富裕層は冒険しがちというように感じる人もいるかもしれませんが、富裕層は手堅いことしかしないと言っても良いかも知れません。特に高い買い物になればなるほど臆病といって良いぐらいに慎重に動くようになります。それはお金の価値というものを知っているからで、高いものにはそれだけの価値があるという事も知っているからでもあります。良く安物買いの銭失いという事が言われますが、富裕層が恐れるのは正にそれという事が言えるかもしれません。ですから、高い買い物をする時にまず見るのが物件では無くて人という事も良くある事です。その時に、これまでに先駆者として名をはせている野村紘一氏の名前というのは大きな意味を持つという事は当然という事になります。富裕層がまず重視する信用という点で先駆者程の信頼獲得に寄与するものは無いと考えても良いかも知れません。こぞって同氏の物件を欲しがるというのも当然でしょう。しかも、当たり前ですが物件はとてつもなく魅力的で本当に質が高いモノになっているわけですから、これは見逃すことは出来ません。富裕層になればなるほど同氏の物件は価値を持つ事になりますから、これからさらに多くの需要が見込める事になり、同氏の会社はこれから成長することが考えられます。

by enry3578 | 2014-11-30 11:29

『億ション』の先駆者野村紘一。

皆さんは『野村紘一』氏をご存知でしょうか?今回は知る人ぞ知る不動産の世界では非常に有名な人物で『億ションの先駆者』『野村紘一』氏をご紹介していきたいと思います。
『アルテカ』という企業を運営されており、簡単な生い立ちですが、長野に生まれて30歳で不動産会社を立ち上げて、現在は会長として経営されています。また『アルテカ』では息子さんも勤めておられ、主に人事採用を担当され、女性の登用に積極的な企業です。手がけた高級マンションの物件数は300を超えています。どれも超人気で即完売した優れた手腕を発揮されて来ており、今でこそ当たり前に東京ではタワーマンションや超高級マンションは一般人もテレビコマーシャルや宣伝広告で目にする方がほとんどで、憧れの的になっています。
1975年のベルテ原宿の物件が億ションの始まりで、当時では信じられない高額な物件でしたが、非常に人気ですぐに完売しました。巷の不動産業者は驚き、『野村紘一』氏の手法を研究し、こぞって似た様な超高級マンションを手がける様になっていきました。販売状況は『アルテカ』ほどではありませんでした。今では普通に超高級マンションが乱立している状況ですが、当時では画期的な判断だったのでしょう。野村紘一氏の凄いところは、時代を先取りする先見の明と大胆な経営手腕・冷静な市場分析にあります。またマンション分譲だけでなく、あらゆる事業を手がけて、今では数え切れない程の事業を運営されています。例えば、総合リゾート施設やレジャー施設の運営や土地の有効活用『等価交換』による遊休地の利用や相続対策を考えた事業などがあります。他には、インターネット事業・インテリア事業・リフォーム改装事業・海外事業などがあり、『アルテカ』は不動産関連のありとあらゆる事業を手がける不動産の総合企業というわけです。

by enry3578 | 2014-11-23 11:29

お金持ちが欲しいと思うのが野村紘一氏の物件

お金持ちが欲しいと感じるだけの魅力を持っているのが野村紘一氏のマンションです。同氏は超高級マンションを手掛けているのですが、お金持ちにターゲットを絞って本当に良いものを値段がかかっても造るという事をして来たので、今ではお金持ちがこぞって欲しいという物件を造るようになっています。
最近では億ションというような言葉を耳にする人もいるかもしれませんが、この億ションを最初に手掛けたという人がこの野村紘一氏という事ですから、この方がいかに凄いのかという事が分かります。
最初という事は、日本の長期間にわたる経済の低迷期を経験しているという事であり、その低迷する時期ですらこの億ションを手掛け続けていたというのですから、その拘りが半端ではないという事も分かってくるでしょう。何しろバブルが崩壊して、さらにはリーマンショックというとんでもない景気後退があったわけですから、そのような時は一般的なマンションですら買う人がいるのかというような事を言われた時期もあったわけです。バブル期に造られた超高級マンションは軒並み見捨てられるという事になり、捨て売りの様な値段で売られるようになっている時期があるわけですから、これが如何に難しいことだったのかという事も分かるはずです。億ションはリゾートマンションというわけではありませんから、タイプは違うという事が言えるかもしれませんが、いずれにしてもとんでもない値段の物件であるという事は間違いありません。それを販売し続けたという事は、よほどの信念があったという事が予想されるところです。
その為、同氏の会社の物件は価値を持つ事になったという事も言えるでしょう。信用できるという事があるので、これに実質的に素晴らしいという価値が加わって多くのお金持ちが同氏の会社の物件を欲しがるというわけです。お金持ちは目に見える価値も重視しますが、見えないところも拘りますから、先駆者が造っているというのはそれだけでも大きな魅力となると言えそうです。

by enry3578 | 2014-11-18 11:28

野村紘一氏の未来を見据えた考え方に共感

今まで賃貸物件に暮らしていましたが、将来的なことを考えて分譲マンションを購入したいと考えるようになりました。家は一生に一度の買い物ですから絶対に失敗したくありませんし、資産として価値の下がらないものを選びたいです。ただ家も他の物と同じで、年月を経ると少しずつ劣化をして価値が下がってしまうのは当然です。住宅ローンを組んで、支払いが終わる頃には価値が下がってしまうと残念ですし、その時に売却しても二束三文の状態になってしまったらと考えると不安です。
そんな時に、これまで多くの億単位をこえる高級マンションを建設してきた実績のある野村紘一氏の考えを知る機会に恵まれました。野村紘一氏は年月を経ても価値の下がらないマンション作りをすることが大切で、それを実行することができればマンションそのものが資産価値として長く保有してもらえるようになると考えていました。価値が下がらなければ、住み替えをするときにも新しい物件と等価交換をすることができます。
資産価値を維持するためには、いくつか考えなければならないことがあります。その1つがマンションを建設する土地の状態を確認するということです。立地によってマンションの価値が大きく左右されることが多く、駅から近かったりショッピングセンターや病院が近くにあると住環境として優れていると考えられるので人気の物件になります。人気があるエリアは自然と人が集まるようになり、マンションを中心としたコミュニティが出来上がります。他にも飲食店などが立ち並ぶことによって人の流れが多くなりますから活気がある町になり、土地そのものの価値も下がらなくなります。
野村紘一氏はマンションを建設して販売するだけでなく、入居した人たちが快適に住めるかどうかが大事だと考えています。そのためには目先のことだけでなく、10年以上先を見て町の雰囲気を想像することが大切だと話しており、その考え方に共感しました。

by enry3578 | 2014-11-11 11:28

野村紘一氏の手掛けたマンションが凄い

子供が中学生になり、少し子育てから解放されて自分の時間ができるようになりました。これからは自分の時間や趣味を大切にしたいと考えるようになったので、今まで興味を持っていたパッチワークを始めることにしました。独学でやっていましたが、もっとプロの技術を教えてもらいたいと考え、生徒を募集していた教室に通い始めました。マンションの一室を解放してパッチワーク教室を行っていますが、そのマンションがとても広くてお洒落なエントランスだということに驚きました。先生はとても気さくな方で、実はこのマンションは野村紘一氏が建設したものだけれど中古で購入したと話してくれました。
野村紘一氏は高級マンションを中心に多くの建築物を手掛けた伝説の人物でもありますが、住み心地の良さを追求している方でもあります。先生は中古マンションは以前は購入の対象外だと考えていたようで、その理由として前の住人の痕跡があるものは何となく嫌だという気持ちがあったようです。それに新築であれば不備などが見つかっても対処をしてもらえそうですが、中古物件の場合は仲介業者に連絡するのか建設業者に相談すべきなのか曖昧なところがあることに不満を感じていたということでした。
しかしこのマンションを選んだ理由は、中古でありながらこだわりの建築素材を使っていたので、古くなっても劣化が見られないことが決め手だったようです。外観は美しく、内装はリフォームなどをすることによって新築と同じように思えたことから購入を決めました。住民が快適に住めるように、共有スペースも広くて、内装もリフォームしやすいことを考えると、今後も気持ちよく過ごせるだろうと考えたことがわかりました。建築会社や建築士の顔が見えないマンションも多い中で、野村紘一氏は自分が表にたってブランド化しているので、とてもわかりやすいですし信頼感があります。細部にまでこだわったマンションを見ていると、自分も購入するときは野村紘一氏の手掛けたものが良いと考えるようになりました。

by enry3578 | 2014-11-04 11:27