人気ブログランキング |

野村紘一が高級マンションを建築する理由

野村紘一はマンション建築において高級感を大切にしていることで知られていますが、最大の理由は唯一無二の価値観の提供であり入居者の満足度を大切にしていることの現われです。野村紘一にとって分譲マンションという形式よりも、入居者の満足度に比重を置いた戦略が特徴的なので、高級マンションを希望する人たちからも熱い支持を集めることに成功しています。
耐用年数の長いマンションですが、鉄筋コンクリート建築で約70年といわれており生涯の住処になる可能性も高いのですが、現実には大規模リフォームが必要になることも多いです。建物の耐用年数よりも、施設機器類の耐用年数が少ないからです。
清潔に利用していても排水管の内部には自然に石鹸カスや水アカによる詰まりが発生することもあります。野村紘一が高級マンションを建築することで、一定の資産を所有している層が入居しやすい環境が整うと同時に、マンション管理費や将来に向けてのリフォーム積立金制度を運用しやすいメリットも発生します。メンテナンス性が抜群に良ければ建物の寿命も長くなり、将来のコスト削減効果にもつながります。
土地の所有者が入居することも多いのは、魅力的な物件であることも重要ですが、所有者にとって大切な土地だからという要素もあります。不動産は個人の感情的な記憶も含めて資産となり得るからです。野村紘一は土地の所有者の環境にも配慮して、相続税対策やマンション経営のアドバイスにも対応しています。豊富な施工実例と運用実例がありますので、さまざまな悩みが土地の所有者から提示されてもスムーズに解決策を提案できるので心強い存在になっていることもポイントです。
野村紘一は長期的な運用と安定して快適な暮らしを実現できるように、あえて高級マンションを施工していると言えます。土地が持っている市場価値にふさわしいマンションという観点から、付加価値を備えられる不動産物件に仕上げているのも人気につながっています。

by enry3578 | 2014-10-28 14:33

野村紘一が億ションを生み出す前の時代は

今でこそ当たり前の存在となった億ションとも呼ばれる超高級マンションですが、これは野村紘一という人物が手がけるまで存在をしていませんでした。
日本においてマンションというのは、富裕層のためのものではなく庶民のための住宅と考えられていましたから、富裕層向けのマンションを作るという発想がなかったのです。
現代であってもお金があれば一戸建てに住みたいと考える人は多いものですから、一般常識的には一戸建てはお金がある人向けで、集合住宅はお金に余裕がない人向けという考えは変わっていません。
しかし、集合住宅は必ずしも金銭的なメリットばかりではありませんから、富裕層が集合住宅のような場所に住みたいと考えるのも決しておかしな話ではなく、集合住宅ならではの良さもあるわけですから、現代の感覚で言えば昔から富裕層向けのマンションが存在してもおかしくないように思えるものです。
ところが1970年の半ばに野村紘一がベルテ原宿を開発するまでは、誰もそのようなことを考えませんでしたし、考えた人がいたとしてもそれを実行に移す人はいませんでした。
富裕層の中には自分たちにあった物件があればマンションに住みたいと思っていた人もいたことでしょうが、実際に販売をされているのは庶民向けのものばかりでしたから、お金のある人はいくらマンションという形式に魅力を感じていても、やはり自分たちのレベルに合わない物件は手を出す気にはならないレベルだったのです。
そのような時代に野村紘一は集合住宅の利点を理解して、自分たちのレベルにあった物件があれば富裕層もマンションを購入するのではと読み、超高級マンションを開発することにしました。徹頭徹尾富裕層が求めるものをマンションに組み込み、価格に見合ったマンションを作り上げたのです。
それでも当初は庶民のイメージのものがあるマンションを富裕層は買わないという声が多数でしたが、蓋を開けてみれば大変好評であっという間に世間に億ションという概念を広めることに成功したのでした。

by enry3578 | 2014-10-22 14:33

野村紘一氏と高級マンションについて

野村紘一氏は高級マンションを販売する事業でその手腕を発揮しました。デフレ下の日本では一億円以上のマンションが売れるとは思われていませんでしたが、そのようなときに、富裕層向けの物件を数多く揃えることで、経営を軌道にのせました。
会社経営というのは、経済の状況を正確に読み取る力が必要なので、他の不動産会社が参入していない部門で成果を上げたということは、経営者としての力のある証拠です。
日本の不動産の価格は都市部を中心に上昇傾向にありましたが、郊外の物件の価格も少しずつ上昇しています。少子高齢化なので、マンション価格は下落すると考えられていましたが、地方の人口が都市部に流入することで、需要を増やしているのが現状です。
野村紘一氏といえば不動産ですが、深い教養もあるので、大学で教鞭をとった過去があります。また政治家を志した時代もあり、様々な人脈を作ることに成功したとも言えます。
政治家は基本的には強い人脈づくりが大切なので、学識のある野村紘一氏は日本の政治の表舞台での活躍も期待されています。民主党政権時代に政治活動をしていましたが、現在では会長職についています。会長というのは会社経営に関する決定権はほとんどありませんが、実力や実績、人脈がなければ務めることはできません。
将来的にはマンション価格の下落が予想されているので、高級路線がどの程度継続されるのか予測するのは不可能ですが、東京オリンピックが行われる2020年をピークに価格が下る可能性があります。
価格が下がるということは、価値も低下するということなので、今まで販売していた高級マンションの価値をどのように維持していくのか、難しい判断をしなければなりません。また都心のウォーターフロント近辺ではオリンピック後の価格変動に加えて、豪雨や地震などの災害時のインフラの脆弱性が問題になっているので、富裕層の動向をしっかり見極めて、より付加価値の高い物件の販売を目指す必要があります。

by enry3578 | 2014-10-17 14:32

野村紘一氏の素晴らしい戦略とそこからの学び

日本に初めて「億ション」という富裕層向けのマンションを送り出したアルテカの代表である野村紘一氏からは、学ぶべき点が沢山あります。例えば、今まで誰もやったことのなかった高級マンション販売に関しても、成功するとはじめから決まっていたわけではありませんでした。しかし野村氏は失敗を恐れることなく、自分自身が「やってみよう」と思ったことを積極的に事業に反映させたことで、今や大きな成功を手にしています。簡単なことに思えるかもしれませんが、人はつい安全な場所にとどまってしまうもので、いざ失敗するかもしれないことに手を出そうとすると怖気づいてしまうのが多くの人の行動です。そこのところをアルテカの野村紘一氏はやってのけたからこそ、アルテカは今や業界をリードする立ち位置に君臨しています。
このことから、失敗するかどうかを考えて怖気づいたり、その場で足踏みをするにとどまってしまったりすることをやめ、勇気を出してやってみることの大切さを私は学びました。
また、アルテカはこの他にも様々な取り組みを行っており、住まいに対する安心感や生活環境、少子・高齢化対策などの問題にも真正面から向き合い、より多面的で高度なサービスを提供するよう努めています。つまり街づくりを通して社会貢献やお客となる人たちの信頼に応える親切や思いやり活動のようなものを行っているというわけです。私からしたら、ここまでする必要があるのかと思ってしまいますが、そうすることで更なる企業の成長を、野村紘一氏は確信しているのでしょう。確かに近年、多くの企業に「人を大切にすること」が求められているように感じられます。となると、やはり野村紘一氏のやっていること・やろうとしていることの方向性は正しいと言わざるを得ません。
世の中のニーズを先読みして、先手先手を打っていくこの方とこの方が代表をつとめる会社アルテカから目が離せないと共に、更なる学びを吸収するためにも応援したいと私は考えます。

by enry3578 | 2014-10-11 14:31

野村紘一さんは私に多くの学びをくれる成功者です

日本には数多くの素晴らしい成功者がいますが、中でも私にとってアルテカの野村紘一さんは大きな存在です。日本国内で43年もの間一つの大きな会社を存続させてきたというのは凄いことですし、この方はいつの時代も柔軟にお客様間の求めるものの形を素早く捉え、それを事業に反映させてきました。
普通、人は成功すると、成功するまでの自分の価値観を大切にするあまり一つの考えに固執してしまう傾向にあります。しかし、野村紘一さんはどんな時にもその時代にあった事業戦略を打ち出し、常に業界をリードしています。この部分から学べることは、常に視野を広く持ち、いつでも自分の考えや在り方を変えられる臨機応変な心の状態を保つことにあると私は考えており、自分自身の成熟のために「自分のそうであろう」と努力してきました。
加えて、野村紘一さんは時代の先取りをすることでも知られています。まだ誰も手を出したことのないことに対して積極的に一歩足を前に出すその攻めの姿勢は、ある一方から見たら無謀とも思われますが、更なる成功や企業発展のために努力を惜しまない姿でもあるといえます。多くの成功者は失敗を恐れず閃いたことは次から次へと行います。それによって周りからは「すごい!」と評価されるのですが、それは成功という実績があったからであり、成功する前の段階では「無謀」以外の何ものでもなかったことでしょう。
そのことを野村紘一さんはしっかりと理解し、自分自身の会社をより成功へと導くために今までに例のない打ち出しであったとしても恐れず行動に起こしているのだと、私はそう感じています。
現に野村紘一さんの先取りの行動は、今まで多くの実績を生み出しています。その証が「億ション」であったり、高級マンションをシリーズ化したベルテであったりするのでしょう。これからもこの方の動向を見ていきながら、自分自身に取り入れられる学びは積極的に取り入れていきたいと思っています。

by enry3578 | 2014-10-04 14:26