人気ブログランキング |

野村紘一氏の手掛けたマンションは価値が高い

少子高齢化や消費税増税など、未来に不安を感じる要素は沢山あります。そのため周囲でも老後のために年金だけに頼るのではなく、貯金や資産運用をする人が増えています。昔から貯金をする人は多かったですが、最近は資産運用に興味を持つ人がかなり増えていると感じます。確かに昔と比べると投資信託や株式投資な、様々な資産運用方法は身近になってきたことが理由だといえます。
自分も将来のために、資産を着実に増やしていきたいと考え、マンション投資を考えるようになりました。マンションを所有して、それらを借りたい人に貸すことで家賃収入を得られるという仕組みになっていますが、自分で物件を管理しなくても管理専門会社が行ってくれるのでありがたいです。ただ借り主が継続的に存在することが全体となっているので、もし空き家になってしまったら、それだけ家賃収入が減ってしまいます。魅了的な家作りが必要だと考えたときに、野村紘一氏の考え方を知りました。野村紘一氏はこれまで多くのマンションを手掛けてきた実績があり、中には億をこえる富裕層向けの物件も少なくありません。しかも値段が高いマンションの方が即完売するほど人気ですが、その理由は立地の良さや快適さだけではないことがわかりました。
マンションの価値そのものが年月がたっても下がりにくい特徴を持っているからです。基本的に建築物に限らず何でも購入して使用したら中古扱いになってしまうので、価値は下がるのが当然です。しかし野村紘一氏の手掛けたマンションは立地の良さを考えているので、土地そのものの価値は下がりません。さらに建築物もメンテナンスの必要を抑えた優れた資材を使用しているので、価値が下がりにくい特徴を持ってます。
空き家率が少なく、常に入居率が高いことから人の流れも活発で、マンション周辺には活気のあるコミュニティが作られています。それが結果的に価値の下がらないマンションを作りことに効果を発揮してます。

by enry3578 | 2014-09-29 14:26

野村紘一氏の着眼点が凄かった

まとまった休みが取れると海外旅行に行きますが、この前は久しぶりに国内旅行を堪能することにしました。日本を訪れる外国人観光客が多いというニュースを良く耳にしますし、街中を歩いていても確かに目にすることが多いです。日本に魅力を感じてくれることは嬉しいですが、その一方で日本人である自分はどうなのかと顧みるきっかけにもなりました。
海外旅行に行くと買い物の他に現地の食事、観光を楽しむことができます。国内旅行では買い物はそれほどしませんから、その分、観光に時間を費やすことができます。まだまだ知らない名所があるのではないかと考えて、国内旅行を計画することにしました。明治時代の建築物がそのまま保存されていて、当時の風景を楽しめることを売りにしているホテルがあったので、そこに宿泊することにしました。予想どおり日本人客は少なく、海外からの観光客が熱心にホテルを見学しています。
そんな中、内装を真剣に見ている人がいて、日本人らしそうだったので声をかけてみることにしました。その方は野村紘一氏をとても尊敬しているそうで、野村紘一氏はすごい経歴の持ち主だということがわかりました。野村紘一氏は日本で億ションブームを引き起こした立役者の一人で、今もなお、建築業界に関わっているということでした。これからの時代は富裕層向けの高級マンションではなく、こだわりのあるものが求められているので、そのヒントを求めるために訪れたということがわかりました。流行というのは時代を経て繰り返すのと同じことで、今の時代には明治の優雅な落ち着いたものが求められていると感じるということでした。そのヒントが必ずあるということで、休みを楽しみながら仕事のために地方をまわっているようです。壁紙や電灯の形などに目が向きがちですが、野村紘一氏は部分的なものではなく、部屋全体の雰囲気や窓の大きさを確認しているそうです。さすが業界のトップを走る人は着眼点が違うと感心させられました。

by enry3578 | 2014-09-23 14:25

野村紘一さんのビジネスを学ぼう!

株式会社アルテカは不動産総合商社、この会社の代表をつとめているのが野村紘一さんです。株式会社アルテカは1975年設立の会社で、2018年で44年目を迎えようとしています。ここまで株式会社アルテカが大きくなった要因の中には代表者でもある野村紘一さんの功績もあるわけですが、数多くのヒット商品を世に誕生させたことも株式会社アルテカの今日に繋がっているのではないでしょうか。
野村紘一さんはかつて、億ションや等価交換方式を日本国内で初めて成功に導いた人物であり、初めての試みの中には様々な試練や壁があったとも言えましょう。特に、初の億ションなどの場合、東京の3LDKのマンション価格相場が1,500万円の時代の中で登場したものですから、億ションの価格からすれば桁外れたものであり、販売を行っても誰もが見向きもしない猛反対が行われたとも言えるわけです。野村紘一さんの中では売れるという確信はなかったようなのですが、必ずニーズはあるという予測をしていた、この予測が見事に的中し日本の高度成長期の時代の中で1億を超える超高級マンションは完売へと導いたわけです。
等価交換方式は不動産投資を行う人にとって魅力的な仕組みを持つもので、土地所有が不動産投資を行う時の最大に壁は建築物を作るための費用、この費用がなければ土地を持っていても不動産投資を行うことは出来ません。不動産投資には高額な資金が必要になるわけですから、どんなに都心の一等地にある土地を所有していても建築物を作らなければ家賃収益が出来ないわけです。
株式会社アルテカは等価交換方式を採用し、土地の所有者は土地を提供する、デベロッパー側はその土地に建築物を作るなどの役割分担を持たせる、資金がゼロに近い場合でも等価交換方式ならマンションを経営したりアパート経営をしたり、様々な土地の有効活用が出来るようになるわけです。こうした画期的なアイディアを作り出したのも野村紘一さんです。

by enry3578 | 2014-09-17 14:24

野村紘一氏のアドバイスが役立ちました

親戚から譲り受けた築年数の高いマンションを所有することになりましたが、このままでは借り手が見つからないので困っていました。設備が古くなっているので若い人には人気がないものの、立地は駅が近く病院やスーパーも徒歩圏内にあります。また部屋そのものはファミリー世帯を意識して作られているので比較的広いので、取り壊すにはもったいないと考えました。
そこで不動産会社に相談したら、入居者の多くは新築か、それ同等の美しさを求めるので古いものは借り手が見つけにくいから建て直しをした方がいい可能性もあると指摘されました。ただ建て直すとなると解体費用も含めると多額の費用が必要になります。もし建て直して入居者が見つからないことになったら、リスクだけを抱えてしまうかもしれません。悩んでいたときに、偶然にも野村紘一氏との考えを知る機会を得ることができました。
野村紘一氏は数十年間も日本の建築業界をけん引してきた人物であり、富裕層向けのマンションを日本に根付かせた人物でもあります。先を見通す力を持っている人物です。
建築物にもよるけれど、建て直しよりもリフォームやリノベーションをする方法があるようです。もちろん現在の方が耐震性や強度の基準は厳しくなっていますが、補強をすることで基準を満たすことは十分に可能です。そして今の住宅はコスパを考えて部屋の広さが比較的狭くなってしまうので、昔のファミリータイプの広さは現在では実現できないほど贅沢であり、それが強みになる可能性があるということでした。建て替えよりもリフォームの方が圧倒的に費用が安く抑えられますし、野村紘一氏がこれまで手掛けた中古物件の様相を見て、気持ちが揺らぐようになりました。良い部分を見るのではなく、リスクを向き合って現実を見ることの重要性を学ぶことができ、とても良い助言を頂くことができたように思います。

by enry3578 | 2014-09-11 14:24

野村紘一氏は街づくりを考えている

住宅購入を考えたとき、価格はもちろんですが入居した後の生活を考える必要があります。通勤や通学に便利な立地にあるのか、買い物がしやすいショッピングセンターやかかりつけ医が見つかるかどうかということも重要です。若いうちは車を運転することができますが、高齢になると免許返納をすることで運転ができなくなります。
そうなると通院するときに不便な場所であったり、重たい荷物を持ち運ぶことが難しくなることが予想されます。目の前にある生活だけでなく、将来を見据えた生活も大事になるので住宅選びは慎重にしなければなりません。賃貸であれば家賃の問題さえクリアすればよいですが、分譲となるとそういうわけにはいかないことが多いです。売却するにも買い手を見つける必要がありますし、新しい住処を見つける手間もかかります。また住宅購入は一生の一度の物だと言えるくらい高い買い物ですから、慎重になり過ぎるということはありません。
そう考えたとき、色んな物件を見ていたら野村紘一氏が手掛けたマンションが自分の理想の全てに当てはまるということがわかりました。野村紘一氏は住み心地の良さだけでなく、周辺の環境を確認して住みやすさがあるかどうかを判断しています。一定の基準を満たしたと判断してから、そこにマンションを建設することを了承するため、厳選された土地選びが毎度行われています。マンションが建設されて多くの入居者が出ることによって、自然と人が集まり流れができます。そうなると商売に向いている土地柄だと判断して、飲食店や医療機関が進出するようになり、一大コミュニティが生まれます。
その結果、学校の誘致が行われたり、新しく駅ができることも考えられます。野村紘一氏はマンションを建築するのではなく、周囲の町の環境にも変化をもたらすので街づくりにも真摯に向き合っています。おかげで昔は不便だった場所がマンションが建築されたことで人が集まり、驚くほど便利になったところも少なくありません。

by enry3578 | 2014-09-04 14:23