人気ブログランキング |

野村紘一氏の成功要因は未来を見ていた事

野村紘一氏はアルテカという超高級マンションを率いて成功したわけですが、この成功要因は未来を見ていた事にあるといって良いでしょう。しかも、周りはそれが見えていない状況下で見られていたという事が大きな成功理由と考えられます。日本は超高級マンションは必要ないというのがバブル崩壊後の風潮だったという事は間違いないところです。超高級マンションどころか普通のマンションですら建築されていると、危ないと考えられたものでもあったわけです。そのような需要が何処から来るのかという事を考える人は大勢を占めていたという事がありました。
ですが、そのような中でも野村紘一氏は超高級マンションに拘って造り続けてきたということがあり、それが信用を獲得するに至って、今の成功に至るというわけです。このように書くとこれが当たり前のように感じるかもしれませんが、これが並大抵の覚悟で出来る事ではないという事は分かるはずです。何しろ超高級マンションは簡単に建築することが出来る物件ではありません。失敗すれば当然とんでもないことになるわけで、これを不況下でやり続けるということが如何に難しいことなのかという事が分かるはずです。一般的に需要が多いと考えられる庶民的なマンションですら需要が危ぶまれるような状態ですから、富裕層向けとなると、これがビジネスとして成立しない可能性が高いと考えた人がほとんどだったというわけです。そのような中でも野村紘一氏はこの富裕層向けという事に拘り続けて事業をやり通してきました。これが大きな意義を持つ事になり、今の成功につながるという事になったわけです。人がやらない事をやってきたわけですから、これが認められ時には大きな意義を持つ事は当然という事であって、同氏はこの今の現状というモノを明確に昔から見ていたという事は分かります。全く同じという事は無いのでしょうが、少なくともこれぐらいは当然というぐらいに感じていたのかもしれません。

by enry3578 | 2014-08-29 15:19

野村紘一は考える不動産投資とは

野村紘一はさまざまのことを考えている中で、不動産投資のことも頭の中にあります。なぜ野村紘一は不動産投資のことを気にしているかといえば、これから将来単に会社員として勤めあげるだけでは不十分だと認識しているからです。確かに今は良いかもしれませんが、やがて会社員が会社員でなくなる時が来るかもしれません。どのようなことかといえば、今のように安定した地位を得ることができなくなってくると言うことです。
現在のところ、会社員でいれば満足の給料をもらえボーナスまでもらえて頑張れば出世できるようになります。ですが、次第に人が減少していき会社自体が解体する可能性があるでしょう。
このようなときに、収入減が会社の給料しかないとすれば会社からの収入だけでは不十分なはずです。そこでいきなり投資を始めたとしても、うまくいくわけがありません。そこで考えるべきは、まだ安定しているうちから次のお金を得る方法を考えておくことです。考えるといっても、漠然として外で働くなどとは考えない方がよいでしょう。これからは自分が試される時代になりますので、自分自身でパソコンなどを使って商売するべきです。もちろんパソコンでなくてもよいですが、自分でお金を稼ぐだけの力を身につけておかなければ確実に生きにくい世の中になるでしょう。
例えば年金なども今よりははるかに少なくなるだけでなく今の40代以下はもらえない可能性すら高いからです。あるいは年齢が引き上げられ70歳以上が支給条件にあるかもしれません。このように考えれば、不動産投資などのビジネスが重要になることが理解できるはずです。
ただし、日本国内ではもはや土地の値段が上がるところあまりありません。確かに、不動産バブルのころは少し研究するだけでお金もうけをすることができました。今のように、土地の値段が下がったり横ばいになることはあまりなかったわけです。ですが、今後の日本は確実に土地が余りますのでごく特定された場所しか土地の値段が上がらないと予想できます。

by enry3578 | 2014-08-20 15:18

アルテカの野村紘一代表の偉大なる功績に感服

野村紘一さんは、不動産総合商社として有名なアルテカグループの代表です。アルテカは、いつの時代もお客様のニーズに合った商品の差別化や高い付加価値を追求して創り出し、常に業界をリードしている不動産総合商社のパイオニアなのです。そんなアルテカの野村紘一代表は、日本初の「億ション」である高級マンションの「ベルテ原宿」を世に送り出したことでも有名です。
今でこそ億ションは聞きなれるようになってきましたが、野村紘一代表が初めて億ションを手掛けたのは、何と今から40以上も前である1975年なのです。当時都内の3LDKのマンションの平均価格が1500万円位の時代に、1億円のマンションを建設したのですから、周囲からも無謀で売れないとの声が聞こえてきたことが少なくないのもうなずけます。
ですが、野村代表は、島国で山も多く面積も狭いのに、欧米と比較して土地開発が遅れていることを当時すでに危惧しており、景気に関係なく自ら付加価値を高め有効利用する開発をしていくことによって、日本の住宅文化は豊かになるとの信念を打ち出したのです。それにより、付加価値の高いマンションを建設すればそれを求める人がいる考の元に、億ション建設を実行した所、即完売という見事な実績を残すことになりました。
これはもう立派な功績だという以外の言葉が見つかりません。野村代表が後におっしゃっている「決断と実行」の大切さを目の当たりにしました。正直不安や迷う気持ちもおありだったでしょうが、世の中の動きや今後の展望を見据えて、決断してそれを実行に移すことは簡単なようでなかなか出来ることではないのではないでしょうか。それを実践され、成功に導いた功績には感服としか言いようがありません。それを拠点とし、その後も現在に至るまで、常にアンテナを張って時代の流れに敏感であること、総合的な付加価値を変化と共に合理性の先取りを追求し実現してきたことにより、益々成長を遂げていることに魅力を感じます。さらに、マンションだけが突出した華麗さを誇示するのではなく、周囲の環境に溶け込んだ外観や植栽などにも配慮し、街づくりの元を創っているという壮大なコンセプトも見逃がせません。

by enry3578 | 2014-08-14 15:18

チャレンジ精神が旺盛な野村紘一

野村紘一は不動産会社の社長をしている人のようですが、なかなかのチャレンジャーのようでその偉業の一つとして億ションを生み出したというものがあるようです。野村紘一の名前を聞いたことはなくても億ションは誰もが知っているものですが、ここで最初にまずびっくりしました。
何が驚いたのかと言うと野村紘一が億ションを手がけるまでは、それまでの日本に億を超えるマンションがなくて富裕層が欲しがるようなマンションは販売されていなかったということです。確かに庶民であればお金がないから渋々マンションを購入するということになってしまうわけですが、お金持ちであれば一戸建てもマンションも選び放題かと言うとそうでもないことを知って驚きました。
庶民のための住宅として日本ではマンションがスタートしたわけで、以後ずっとその流れが続いて富裕層向けの物件ができなかったということです。庶民のものというイメージが付いてしまった以上は、今更富裕層向けのものを作ったとしてもイメージが悪くて売れないかも知れないと判断をするのはおかしな話ではありませんが、野村紘一以外に誰も超高級マンションを誕生させてみようと思った人がいなかったのは意外に感じます。
もしかすると、考えた人もいるかも知れませんが予算の関係や様々なリスクを考慮して、諦めざるを得なないというだけということも考えられます。結局誰も超高級マンションを生み出さなかった時代において、1975年に野村紘一超高級マンションを誕生させ、億ションという言葉をたちまち流行語にまで仕立て上げたというのですから、この人はなかなかのチャレンジャーだなと思いました。人のできないこと、やらながったことをするというのはとても大変なことで勇気のいることです。
ましてやマンションのように普通のものでも高額で失敗が許されないものを、あえて果敢に攻めていく姿勢というのは、今の日本人にかけている部分ではないでしょうか。

by enry3578 | 2014-08-08 15:17

野村紘一が教える不動産売却時の税金

少しだけ不動産売却の税金のことを勉強したことがあります。今回は不動産売却をするときに必要になる税金を説明していきます。まず当たり前ですが、日本では消費税が発生しますのでその支払いのことを頭に入れておかなければなりません。ただ、消費税は建物などにはかかりますが土地にはかかりません。これはわりと大事なところですので覚えておくとよいでしょう。なぜ土地に消費税がかからないかといえば、土地は消費するものではないからです。そのため、土地だけの売却の場合には消費税を支払う必要がないことになります。
次に、印紙代を支払う必要が出てくるでしょう。日本では、大きな買い物した場合には印紙をつけることになっていますが、不動産の場合は間違いなく印紙税を必要としています。どれくらい支払ったらよいかといえば、金額としてはそこまで大きな門ではありませんが売却した金額によって変わってくるものです。平均的には2万円ぐらいの支払いで十分ですが、1億円を超えるような売買をする場合にはそれ以上の印紙税を支払わなければなりません。
最後に、譲渡利益が出た場合に関しては住民税と所得税を支払う必要があります。譲渡利益とは、購入した時の金額よりも売却した時の金額の方が大きい場合に関係してくることです。例えば、購入した時は2000万円だったのに売却する時は3000万円になっていたとすれば1000万円ほど利益が出ていることになります。この1000万円を譲渡利益ということになります。これに関して税金が発生することになりますが、実は多くの場合免除されることになるでしょう。なぜかといえば、住宅としてもちいていた不動産を売却する場合は免除されるからです。もし不動産を売却する時住宅用として使っていたものに対して税金がかかるならば、不動産売買が行われにくくなってしまいます。それよりも、不動産投資などを対象にして行うべきであり住宅として持っていたものに関しては税金をかけるべきではないとの結論に至ったわけです。不動産に関しては野村紘一社長のアルテカの公式サイトも参考にするとよいでしょう。

by enry3578 | 2014-08-01 15:16