人気ブログランキング |

野村紘一氏が提案する価値の下がらないマンション

資産運用の1つとして、マンションオーナーになることを検討する人が増えています。マンションを所有して、部屋を貸し出すことによって家賃収入を得ることができますから、副収入となり経済的な潤いを得ることができます。野村紘一氏はこれまで多くのマンションオーナーの要望に応じて、新築マンションを建設したり、中古マンションのリノベーションをしてきました。その経験から感じたのが、価値の下がらないマンションを所有することによって、安定した家賃収入を得られるということです。野村紘一氏はデザイナーズマンションは、新築の段階では価値が高く人気があるけれども、ある程度の時間がたつと入居者が少なくなることに気付きました。デザイナーズマンションに入居したいと考える人の多くは、インテリアなどに興味があるお洒落好きな人である一方で、飽きっぽい人も多い傾向があります。
入居したときはお洒落だと喜んでいても、別のお洒落な建築物を見つけると転居することが多いです。そのため住人の入れ替わりが激しく、そのたびに徹底的な掃除をしたりリフォームするなど手を加えることによって傷みが生じてしまいます。そのため家賃収入を得られるかどうか、収益で考えた場合には、デザイナーズは避けたほうが良いことがあります。
野村紘一氏が考える価値の下がらないマンションとは、外観が奇抜なものではない代わりに、こだわりの素材を使っているものです。そのため初期投資には費用がかかりますが、メンテナンスをする頻度が少なくて済むというメリットがあります。そして家の強度や耐震性を、法律の基準よりもさらに厳しいものにすることで、リフォームを繰り返しても土台に揺らぎがありません。入居する人が快適に過ごせるかということを第一に考えれば、長く住み続けてもらうことができるので、安定した収入が得られます。そして長く住み続けると愛着がわき、建築物を大事に取り扱ってもらえるという魅力もあります。


by enry3578 | 2014-07-28 15:03

億ションの先駆者と言える野村紘一という人は

億ションは誰もが憧れる存在ですが、それを最初に作ったのは誰かということを知っている知っている人は少ないのではないでしょうか。
特に誰が作ったということもなく、自然発生的に生まれたものだと思うかもしれませんが、実は野村紘一という人が超高級マンションを手がけるまでは、億を超えるようなマンションはなかったというのです。
それまでの考え方としてはマンションは富裕層が住むような家ではなく、一戸建てを持つことができない人が仕方なく選ぶものという考えがあったため、そもそも富裕層向けのマンションはなかったということです。

今の時代から考えると信じられないような話かもしれませんが、今だって富裕層の豪邸を紹介する番組だと大抵出てくるのは一戸建てですから、昔のことを考えるとマンションは庶民向けの物件だったというのもまんざらおかしな話ではなさそうです。
そのような時代に野村紘一は富裕層向けの超高級マンションを販売したら売れるのではと読んで、それを世に生み出して見事大ヒットしたというわけです。
そこから億ションという言葉が生まれるようになり、お金持ちのステータスで庶民にとっては憧れの存在となったのですが、超高級マンションが生み出されるまでは失敗をすると考える人も少なくありませんでした。
どれだけ立派なものを作ったとしても購買層に当たる富裕層が興味を持ってくれなければ売れませんし、お金がある人達はステータスも重視をしますから、庶民の住まいであるマンションは富裕層向けに作られていても売れないのではと誰もが思っていたのです。
実際に超高級マンションを手がけた野村紘一自身も需要自体は間違いなく存在はするが、タイミング次第のところがあるので売れるかどうかはわからないと考えていました。
それでも野村紘一は自身の読みを信じて、超高級マンションを販売することを決め世に送り出した結果見事に大ヒットをすることになり、億ションという名前が世に生まれることになりました。

by enry3578 | 2014-07-23 15:02

野村紘一のマンションに見る街づくり事業

野村紘一さんはマンションの新築物件を多く手がけています。高級マンションと呼ばれるジャンルの不動産物件なので、投資物件としての魅力が高いことでも知られていますが、見逃せないのは土地のオーナーが自ら居住しているマンションに仕上がっている例が豊富な点です。
収益性だけを求めて不動産投資をするのではなく、実際に土地を所有しているオーナーが快適に暮らし続けられる住まいとしてマンションが新築されているのが重要ポイントです。分譲販売して終了という不動産物件ではなく、将来にわたって住み続けて維持管理されている物件であることがわかります。
野村紘一さんはマンションの新築に関して、世帯数が増加することからも街づくりの要素が高いと見ています。ひとつの不動産物件を新築するだけにとどまらず、街づくりを兼ねているのだという強い姿勢が好感を呼んでいます。高級マンションを新築すれば、購入者や入居者の雰囲気やセンスも重要になってきます。居住者の年収やライフスタイルも、ある程度の階層に基づく場合もあります。
重要なのは治安面で向上できる要素がある点と、高級感の演出により外観にも予算を掛けられることから防犯性の高い住まいを実現できる点です。防犯性の高さは、価格だけでは推測できない要素ですから、家族の安心を実現したい人にとって魅力的な物件になりますし、一人暮らしからファミリー層まで幅広いニーズに応えられるようになります。高級マンションですが、一人暮らしから子育て世帯、さらには高齢者の世帯まで快適な住まいを実現しています。
野村紘一さんがマンションを手がけている背景には、街づくりの要素が感じられますので、マンションが新築されたことで周辺環境がどのように変化したのかに注目すると、効果の大きさに驚かされます。立地条件の良い土地でなくても、高級マンションが新築されてテナントが出店するなど周辺環境が変化するなど、結果的に土地の価値が向上するケースもありますので、まさしく街づくりの要素が生まれています。

by enry3578 | 2014-07-18 15:00

不動産業界を盛り上げている野村紘一

現在では高級マンションを多く見かけるようになっていますが、昔から多数の高級マンションが建っていたわけではありません。ある時期を境として、多く建設されるようになったのです。日本において第一歩を踏み出したのは、アルテカの野村紘一でした。1975年にベルテ新宿というマンションが登場したのですが、これが日本で最初の億ションとなったのです。高級な建物がほとんどない時代だったため、ベルテ新宿のようなマンションを買う人が現れるはずがないと思われていました。
マンションに対する人々の考え方は、現在と昔とで大きく異なっていたのです。現在ではマンションを購入することが一種のステータスとして認められていますが、昔は違った考え方を取る人が少なくありませんでした。家を購入するのなら当然一戸建てだ、と考える人が普通だったわけです。だからこそ、ベルテ新宿が注目されるはずがないと思われたことも当然だったといえます。しかし実際には、多くの人々からの問い合わせが殺到し、すぐに完売する流れになったのです。最初の予想と現実とが一致しない典型的な例だといえます。
野村紘一は、最初から大きな成功を収められると考えていたわけではありません。最初は失敗する可能性についても十分考えていて、冒険・勝負をする気持ちも強かったのです。ただ、失敗するかもしれないから避けようとしてしまうのでは、絶対に成功にはつながりません。第一歩を踏み出す勇気を出すことができた野村紘一だから、最終的な成功につながったのだといえます。
高級感を出すためには、ただ単に豪華な建物にすればよいわけではなく、どのような付加価値をつけるかを考えなければなりません。充実した付加価値があれば、人々はそこに高級感を見出します。マンションと一戸建てというのは別個のもので、それぞれにメリット・デメリットがあるのです。メリットを最大限に引き出すことが、高級感に結びついていきます。

by enry3578 | 2014-07-12 14:59

野村紘一さんがマンションに高級感を持たせる理由

不動産の有効活用で気をつけたいのが収益性と付加価値です。もともとの価値に付加価値を備えさせられれば、相続税対策にも効果かありますし、賃貸経営する場合には入居希望者のターゲットを明確にできます。野村紘一さんはマンションを手がけていますが、高級感にこだわりのある仕上がりが特徴です。ホテルのように広々とした空間のロビーは、従来の住空間というよりもリゾート施設のような趣にも感じられるので、さまざまな価値観やニーズの人たちにもアピールできます。
ある程度の年収のある世帯や、センスの良い人たちへのアールにもつながりますので自然と住む人を選んでいる要素があるかもしれませんが、同じようなサービスを受けたい人たちや治安が良好な住環境を手に入れたい人たちからは歓迎される要素が強くなりますので、結果的に入居希望者が集中しやすくなる可能性が高くなります。
相乗効果が生まれれば、次に同様のスタイルのマンションを手がけるときに注目されますので、一度限りの不動産投資ではなく連続した事業性を見出せるのもポイントです。野村紘一さんは生活レベルの向上と言うよりも街づくり事業の手法で高級マンションを提案していると言っても良いでしょう。入居者の世帯数が増えれば街の人口が増えますので、結果的に商業を活性化させる要因になるからです。
行政サービスと連携する必要性も出てきますので、ゴミの収集や駐車場の問題にも影響しますから、高級感のあるマンションならではの衛生管理やスマートな駐車スペースの確保などで利便性が生まれる可能性が高まります。設計段階から所有者も参加してマンション建築が遂行されますので、不動産事業だけでなくシンプルに快適な生活空間を誕生させる目的が強まり、以前よりも安全性と防犯性が高くなる可能性も見逃せません。
野村紘一さんの手がけたマンションに高級感が備わっていることは、地域活性化と防犯効果を高めるのにも役立っています。

by enry3578 | 2014-07-03 14:59