人気ブログランキング |

野村紘一と高級志向の考え方とは

野村紘一は、現在アルテカと呼ばれる会社を経営していますがこの会社の特徴は東京の一等地に高級なマンションを建築することです。この会社ができあがったのは1970年台でしたが、当時の東京はまだ高級なマンションなどはほとんどありませんでした。高級なマンションはない代わりに一戸建て住宅がたくさんあり、現在のような街並みにはなっていなかった状態です。
ですが、野村紘一はこれからマンションがはやるのではないかと頭の中に未来予想図を描いていたわけです。実際に現在の東京を見てみると、一等地を中心にマンションが立ち並んでいるのはわかります。例えば東京の青山は、東京の一等地として有名になりますがその中でも高級マンションがとにかく軒を連ねています。このような時代の変化は、高度経済成長期を得てさらに不動産バブルに差し掛かる時代に起こり得た出来事といえるでしょう。不動産バブルの時代には、とにかく高級な建物を選んでしてみたいと考える人が増えていたわけです。見事にそのような時代を望んでいる人たちにマッチしたマンションを建築することができたのが、アルテカと言えます。現在でもその考え方は変わっておらず、独自性を持ちながら発展してきているのが特徴です。
ほかの会社がまねをすることが出来ないのは、ブランド化に成功していることでしょう。ブランド化とは、その会社しかもっていない独自の方向性のことをいますが、それを早い段階から打ち立てほかの会社を凌駕してきました。当時から多くの建築業者はありましたが、どこも大きな会社で小さな会社が太刀打ちできるようなものではありません。そこで、相手高級路線に進むことでオリジナル性をだしブランド化に成功したと言うわけです。このように、ほかの人が目をつけなかった分野にあえて目をつけて、ほかの会社とは少し違った切り口でマンションを販売していったこの会社は、これからも世の中で活躍していくことが予想されます。

by enry3578 | 2014-06-29 15:32

日本で初めて億ションを売り出した野村紘一氏

株式会社アルテカを語る中で必ず登場するのが代表の野村紘一氏と億ションの存在ではないでしょうか。1億円を超える金額のマンションのことを一般的に億ションと呼んでいます。室内には豪華な設備が整っている、部屋の間取りも普通の分譲住宅と比べると一回りも二回りも広いスペースが設けてあるなどの特徴を持ちます。例えば、リビングルームが50畳、寝室が20畳、トイレがワンフロアーに2つ、ゲストルームも完備してあり、中には浴室が2か所設置してあるケースもあります。
誰が買うのか、売り出しを開始する段階で多くの人々は感じたのではないでしょうか。株式会社アルテカの事業は不動産に関することならすべてと言っても良いほど、様々な事業を展開しています。賃貸物件の仲介も行っていますが、この物件の中には株式会社アルテカの億ション物件も含まれています。野村紘一氏は億ションを初め、土地所有者とディベロッパーの共同出資による等価交換方式や高層建築物の全面ガラス張りなど、日本で初めての事業を続々と登場させた人物です。
日本国内で初めての試みは、成功するかもしれないし、失敗するかもしれない、リスクを持っているわけですが、これらを成功に導いている野村紘一氏には特別な能力があるのではないでしょうか。新事業をスタートさせる時には必ずリスクは付いて回りますが、そのリスクを成功に導くための能力は限られた人物のみが持つもの、ある意味運と言う部分もあるかと思われますが、運が良いことも挙げられます。ちなみに、マンションは部屋に価値を持つなどと言われており、年数が経過すると価格は半分近くまで下がります。1億円で販売が行われていた物件も、数十年経過すれば半分近くまで下がる、より豪華な設備を好む人にとって価格が安い中古物件は魅力的な存在と言えましょう。最近は格安物件を購入し、部屋のリフォームを行う人も多くなっており、リノベーションはまったく異なる価値を持つマンションに作り替えることも可能です。

by enry3578 | 2014-06-24 15:31

不動産業界のパイオニア野村紘一

野村紘一氏は、不動産業界のパイオニアの一人で株式会社アルテカを率いています。野村紘一氏は果敢に新しい事業に挑戦する人物として知られています。例えば、高額なマンションを作りだしてそれを販売しました。高額なマンションは今では普通になっていますが、野村氏が始めた時は珍しいものでした。億の単位がつくマンションが売れるのかという意見もありましたが、それが販売されると想像以上の人気を集めました。それまで全く作られたことのなかった高級なマンションが野村氏の販売をきっかけにして広く知られるようになり、飛ぶように売れていきました。
このようなマンションが作られる前は、持ち家は一戸建てというのが常識でした。今でもその常識はなくなっていません。特に土地に余裕のある地方だったら、一戸建てを建てようとする人もいます。しかし、東京のような都市部では土地の余裕がありません。また土地の代金が大幅に上昇しているので、それを購入するのが難しいことがあります。マンションだったら、空間を使うので土地のことを考慮する必要はありません。土地の分のお金を建物に回せるようになります。それによって豪華な内装や地震に強い建物を建てられるようになりました。
野村紘一氏は一つの哲学を持って高級なマンションを作り上げています。その哲学とは、付加価値をつけることです。同じ建物を作り続けても、多くのお客様を惹きつけることはできません。マンションを買いたいと思っている人は、自分独自の個性的な家が欲しいからです。このニーズに応えるために、野村氏はいろいろな方策を打ち出しています。例えば、ロビー空間を大きく取ったマンションを作ります。この工夫によって、そこに住む人は窮屈さを感じなくなります。また周囲の環境に溶け合うような建物を作れるように努力しています。マンションは一回建てられたそこにずっと存在することになります。そのために周囲の環境を考慮に入れるのは重要なことになります。

by enry3578 | 2014-06-20 15:31

今までにない事業を手掛ける野村紘一氏

野村紘一氏が代表を務めている株式会社アルテカは、東京の港区青山に本社を構えています。青山はおしゃれな街としても注目を集めているエリア、おしゃれなブティックに飲食店など数多くの店舗があるので、こうした場所にある会社で働く人が羨ましいと感じている人も多いのではないでしょうか。
株式会社アルテカは不動産総合販売を初め、不動産の総合流通や建物総合マネジメントなど、不動産に関わることであれば大半のビジネスを手掛けている企業です。設立は昭和50年、歴史を持つ会社ですが、この社歴の中には日本初を創り出した功績があり、それを創出したのが野村紘一氏です。等価交換方式は土地の有効活用を考えているオーナーにとって魅力的なサービス、億ション物件はより豪華な住宅を求めるユーザーに魅力的な物件です。さらに、開放的な空間を作り出す、壁面全体がガラス張りの商業ビルはオシャレなオフィスでビジネスを手掛けたい企業や事業家からの注目を集めています。
これらはすべて、野村紘一氏が代表を務めている株式会社アルテカが初めて取り入れた事業でもあり、現在では当たり前のように行われている事業をいち早くスタートさせています。今までにないビジネスをスタートさせるに当たり、多くの人々からの議論が行われたり、中には反対する人も出て来るかと思われますが、議論や反対を押し切り成功に導いていることは新しいことへのチャレンジを考えている人々にとって勇気づけられる部分ではないでしょうか。新事業の中には、誰もが考えているけれど、リスクが大きいのでビジネスに繋がらないものもあれば、誰も思いつかないような事業も存在していると言えます。等価交換方式などの場合は、誰かが思いつた事業かもしれませんが、野村紘一氏が始めるまでの間は誰もチャレンジしていません。さらに、億ション物件についても、価格が桁外れたものですから、普通に考えても高額物件の企画や販売を行うことはない、敢えて野村紘一氏はそれを実践し現在では多くの企業が億ションや等価交換方式によるビジネスを手掛けているわけです。

by enry3578 | 2014-06-15 15:30

等価交換方式を作り上げた野村紘一氏

不動産土地活用を行う時に問題になるのが建築費ではないでしょうか。マンションや商業ビルを建築すれば、マンションなら家賃収益、商業ビルならテナント料の収益を得ることが出来ます。商業エリアにある土地などはオフィスを求める企業も多く、着実に不動産投資が出来るメリットを持つ環境とも言えます。土地はあるけれども建築費用がない、せっかく相続した土地ではあるけれども手放す人も少なくありません。こんな時に利用出来るのが等価交換方式です。これは株式会社アルテカの代表でもある野村紘一氏が発案者と言われています。野村紘一氏には日本で初めての億ションマンション販売を行ったなど、不動産業界の中での有名人と言われています。
等価交換方式を簡単に言えば、土地を出資すればディベロッパーが建物を建築する、土地があれば建築費用はディベロッパーが出資を行うので不動産経営を始められるわけです。建築費用がない人にとって魅力的な方法ではないでしょうか。尚、等価交換方式には全部譲渡方式と部分譲渡方式の2種類があるのをご存知でしょうか。2つの違いは土地名義を持ち主からディベロッパーに変更するタイミングが異なる点です。但し、土地の一部と建物の一部を交換する点においては同一なものになります。
全部譲渡方式の場合は、建築物を作る前に土地名義をディベロッパーに移し、その土地に資金を使って建築物を作ります。完成した建築物のうち、土地と建物の一部の名義変更を行い配分するのが特徴です。部分譲渡方式の場合は、建設前にディベロッパーへの名義変更を行うことはありません。土地所有者の名義のままでディベロッパーは建物の建築を行い、土地の一部を所有者からディベロッパーに名義を移転、建物の一部をディベロッパーから土地の所有者に名義変更を行うなどの方法で行います。尚、等価交換方式の大半は部分譲渡方式で行うケースが多いのですが、これは部分譲渡方式の方が名義移転などに伴う登録免許税、不動産取得税などの税金が安くなるからです。

by enry3578 | 2014-06-10 15:30

アルテカ社長野村紘一さんについて

野村紘一さんは株式会社アルテカ代表で、日本初の億ションや超高級マンションブームを引き起こした人物の一人です。当時都内の3LDKのマンションの平均価格が1500万円代が平均だった時代に、1億円のマンション「ベルテ原宿」を1975年に開発しました。家を購入するなら一戸建ての時代の中ではマンションはアパートの延長戦と考えられていましたが、付加価値の高いマンションを販売すれば必ずそれを求める人はいるという信念をもって高級マンションの販売に取り組んだ方です。
超高級マンションブームが訪れた後には似たような建築物が増えましたが、野村紘一さんはロビー空間を大きくとるなどの新たなデザインやアイデアに力を入れ、豪華なだけではなくマンションならではの空間作りに力を入れました。周りの環境にも配慮しているのが特徴で、周囲の環境に溶け込んだ外観づくりをコンセプトにしている点も特徴的です。
株式会社アルテカが参入した地域は他のライバル会社も次々とマンションを建て行くので、地域の発展にも貢献した人物と言えるでしょう。マンション事業が有名ですが「アルテカプラザ原宿」や「アルテカベルテプラザ」の商業施設の建設や運営、ビルの土地活用の提案の技術ももっています。この事から土地活用を考えているのなら、野村紘一さんから学ぶべきと言う声もあるほどです。リフォーム・インテリア部門もあるので建築に関する総合的な相談が出来る会社を立ち上げた方と言えます。
不動産流動化部門だけではなく、不動産鑑定や調査部門も作っていることから資産の価値を正確に把握する技術にも力を入れています。伝統的なノウハウはもちろんIT・インターネット事業部門など最先端の技術も取り入れていて、総合コンサルティング部門ではより顧客の要望に合った条件の提案をしています。90年をピークに地価の下落は10年ほど続きましたが堅実経営を維持ながらも、新しいことにも挑戦を続けていることで現代にあったマンションの提案をつづけている人物です。

by enry3578 | 2014-06-04 14:30