人気ブログランキング |

野村紘一氏が億ションの先駆者

億ションというとかなり高級なマンションですが、日本初ともいえる億ションは野村紘一氏が代表を務めるアルテカが開発したのがスタートです。今からもう40年以上前に億ションといわれるものがあったことに驚かされます。その当時は都内の3LDKで1500万円ほどだったわけですので、1億円を越える億ションというのは驚きしかありません。
マンションだけではなく物の値段は二極化が進むことはよくあります。特に日本は長い間不景気と言われています。バブル崩壊からずっと物価の上昇率が低くなっていて、アベノミクスでようやく物価が上がりつつあるようです。
億ションというのは、その物価の二極化の代表的なものとも言えます。分譲マンションはこの億ションの登場から賃貸物件とは画した高品質な物件が増え始めています。分譲マンションというと高級なイメージがつきまといますが、最近では戸建てより安く買えるお手頃価格なマンションもたくさんあります。お手頃だといっても中の設備は充実していて、やはり賃貸とは比べ物になりません。購買意欲をそそるような物件が多くあります。
野村紘一氏が億ションを手がけてから、同業他社でもたくさん高級マンションの建設が始まっています。その時には見学にたくさん同業者が来たようですが、それを断ったりもしなかったというのはすごいです。お互いに切磋琢磨する中でより良いものを作っていける、その高級マンション業界が活性化するという意味では、他社にも門扉を広く開けることにも意味があるのでしょう。
単に豪華だから良いというわけではなく、高い付加価値をつけていくことで高級感を目指しています。よくマンション内に運動施設やレンタルホールがあるという話しは聞きます。マンション内だけで十分に生活していけるというのは、老後を考えても理想的です。今はバブルの頃よりもそれ程高級志向があるようには感じませんが、それでも時代に合った高級マンションは常に求められているように感じます。

by enry3578 | 2014-05-30 14:29

高額マンションの先駆者といえば野村紘一さん

今では高層マンションは当たり前ですし、高額マンションでもある億ションという言葉もかなり定着しています。当たり前に使われている億ションという言葉も、出来たばかりの時はとも新鮮な感じのする言葉でした。その言葉ができるきっかけともいえるのが、野村紘一さんが作ったマンションです。
億ションの先駆者とも言われていますが、その当時はそんな高額なマンションは売れる事はないだろうと皆言っていました。しかしこれが実際売り出されてみると即完売してしまったという事実があります。当時話題になりましたし、その記憶が残っているというかたもいるのではないでしょうか。
野村紘一さんが作った高層マンションは、今では当たり前になりましたが当時は高いのは売れないと考えられていましたが、富裕層というのはどの時代にもいるものです。より良いものを求めている方にとっては、1億円ぐらいのマンションは実際大した出費ではないと言えるのかもしれません。実際今はさらに高額になっていて、10億円20億円といった価格のマンションも出ていますが、そういった高額マンションであっても完売してしまっている事実もあります。
今の高額マンションは、ただ高いというだけではなくコンシェルジュのサービスが充実していたり、マンションの住民専用のジムが備え付けられていたり、場合によっては温泉に入れたりスパがあったり、またバーがあるなど、それぞれ特典がついています。一人暮らしでも安心して快適に生活できるようなシステムも揃っていますし、便利さと安全性と、様々な面でとにかく快適なのです。
もちろんお値段が高いことで、一般の方には手が届かないものという認識もあるかもしれません。しかし野村紘一さんは、需要をしっかり考えて作っていますので、余ることもありませんし全て完売してしまうというからすごいです。今後も高額マンションにも注目ですし、新たな考えがあるかもしれませんし楽しみです。

by enry3578 | 2014-05-24 14:29

野村紘一氏が提唱する土地の有効活用について

近年は都心部における土地の有効活用が非常に注目を集めています。従来は都心部は工場や企業のオフィスなどが非常に多くの働く場所としてのイメージが強かったのですが、近年では都心部が居住する場所として再開発されることが多く、オフィスと両立することで通勤時間の短縮と業務の効率化が推進される傾向が高まっています。
特に最近新たに建てられるビルにおいては低層階はオフィス向け、高層階は居住スペースといった分け方をされる例も多く、自らが働くオフィスの建物中に自らが生活するスペースを持っていると言う人も少なくありません。その傾向は年々強まっており、オフィスと生活空間が隣接する環境が非常に多くなっている傾向にあります。
アルテカの代表である野村紘一氏は古くから都心に生活するというメリットを提唱し続けてきました。都心部は地価が高いということでこれまでは敬遠されてきましたが、合理的に考えると都心部において生活をした方が生活環境が整う上に日常的な生活における経費も安く済むことから快適な生活を経済的に送ることができるというメリットがあり、効率よく快適な生活を送ることができると提唱しています。
アルテカはこの野村紘一氏の考え方を具体化し都心部の生活環境を中心に多くの顧客に提案をしてきた会社です。単に地価の高い都心部の物件を紹介するというだけではなく、都会における効果的な生活スタイルを提案し実現をしています。現在では多くの不動産業者が都心部の再開発に興味を示し、その動きに拍車がかかっている状況となっていますが、その先駆的立場にいるのがアルテカであり、野村紘一氏の掲げるコンセプトとなっているのです。
これまで日本においては郊外に大きな住宅をもち何時間もかけて都心部の職場まで通勤するのが一般的となっていました。しかしこれでは大きな家を建てても家族と一緒にいることができる時間が極端に減り、精神的な負担も大きくなります。総合的な効率を重視して都心部の生活環境を整えていることに野村紘一氏の考え方の大きなポイントがあるのです。

by enry3578 | 2014-05-18 14:28

野村紘一さんは不動産総合商社の社長を務めている

野村紘一さんは不動産総合商社である株式会社アルテカで社長を務めている人物です。野村紘一さんが手がけているマンションのシリーズは1つの物件あたりの販売価格が1億円を越える超高級なマンションとして良く認知されています。
株式会社アルテカは16部門に渡るそれぞれのプロが不動産会社として色々なサービスを行っているのです。土地総合開発部門だけでなく総合販売部門や海外事業、インテリアなどのプロのスタッフが様々な不動産の需要に対応しています。他にも証券化やIT事業などといった分野にも対応しているのです。プロジェクトを遂行するときには、それぞれの分野のプロが集合してプロジェクトチームを立ち上げます。
不動産物件を有効に活用するために株式会社アルテカが独自に開発した方法の中でも新等価交換方式を採用すれば不動産物件のオーナー様が資金を持ち合わせていなくても土地を売却する必要がない方法です。物件を有効に活用するためには高額な事務手数料を支払う必要があるのですが、この費用は株式会社アルテカが負担します。優遇税制を適用するなど独自に開発した節税の手法を駆使して最も有利に資産活用を行うことができるのです。
総合事業受託方式は一括請負方式とも言い、お客様の不動産物件や土地を、ディベロッパーとしてのノウハウを駆使しつつ、建て替えやリフォームなど様々な提案をするものになります。そしてその後の管理や運用等も行うことができるため煩わしさを感じることはほとんどありません。
そして所有している不動産を売却するときも1番有利となる条件を不動産の所有者と話し合います。結果的に残されることになる資金が最も多くなるように不動産物件を売却する条件や時期だけではなく節税対策も提案するのが野村紘一さんが社長を務める株式会社アルテカが提供する最高率の売却方式になります。また不動産会社として、建物全体のリノベーションや部分的なリフォーム、耐震診断なども行っているのです。

by enry3578 | 2014-05-14 17:04

野村紘一さんの発言が気になる

野村紘一さんは株式会社アルテカのオーナーだそうです。「億ション」という言葉を聞いたことがある人はどれくらいいるのでしょうか。
私は「億ション」という言葉はそれまで知りませんでしたが、野村紘一さんのサイトを読んではじめて知りました。付加価値の高いマンションという意味を持っているそうですが、それだけではありません。
付加価値が高いだけならば、「億ション」という言葉はつかないでしょう。億という言葉が付いているので、やはりその価値が億を超えていることが条件になると思われます。家賃が1ヶ月あたり1億という意味ではないので誤解をしてはいけません。
マンションの1室が20億を超えた時期もあったそうです。これは家賃がという意味ではなく、売却価格がという意味です。株式会社アルテカが提供している物件にはことごとく高い価値がついているそうです。
私は株式会社アルテカが提供している物件ならどれでもいいから住みたいと考えていますが、値段が値段ですのでとても手がだせません。私は現在投資をやっています。
話題のビットコインなどにもお金を投入しています。私の資金が5億円を超えたら、もしかしたら株式会社アルテカで物件を購入する時もあるかもしれないです。
実際には現時点で500万円も持っていないので、夢のような話ですが、投資で成功したらありえない話でもありません。
「億ション」はただの高級マンションではなく、そのワンランク上の超高級マンションのことをいいます。
株式会社アルテカのオーナー、野村紘一さんがその先駆者です。この人がいなかったら「億ション」という言葉はなかったかもしれません。野村紘一さんはアルテカのオーナーですので、アルテカのホームページで代表挨拶もしています。その他にもさまざまな発言をしています。アルテカのホームページやブログをよく読んでいると、野村紘一さんの発言にふれる機会は多いです。三波春夫さんとの会談はとても面白く、必見です。

by enry3578 | 2014-05-11 14:27

野村紘一氏が超高級マンションブームの火付け役

野村紘一氏の事業やアイデア・実行力にはいつも驚かされています。その代表的と言われているのは、アルテカさんが誕生させたと言われている「億ション」ではないでしょうか。
1975年に開発された「ベルテ原宿」は、日本の億ションと言われている分野では始まりとなりました。都内にある3LDKのマンションが1500万円という平均価格で販売されていた時に、一億円のマンションを発売します。当初、このような高級マンションが売れるはずがないと皆に言われていました。なぜなら、当時のマンションの感覚としてはアパートの延長線上にあったからです。アパートが少し、高級になったようなものがマンションのイメージでした。そこに、顧客が一億円も出すだろうかというのが一般人の考えがあります。
家を購入するなら、マンションよりも一戸建てという考えが主流でした。しかし、日本は島国であり土地の面積が広くなく山も多く欧米に比べて、土地の有効利用が遅れているとその時から痛感していたのが実情です。
多くの事は景気に左右されることが多いが、自らの付加価値を高めて左右されることなく有効利用する開発をしていくことで日本の住宅文化も豊かになるのではないかと思いつくのでした。
付加価値の高いマンションを建てることで、それを求めている層を獲得することに挑戦していくことにしました。野村紘一氏のアイデアに驚くくらいの人が興味を持つことになります。
問い合わせが事務所にたくさん届き、売れ行きも好調でメディアでも「完売した億ション」などと言われ取り上げられます。
その後、高級マンションの需要は増える一方でわずか5年でマンションの一室が20億円を超えるものにしました。そして、一室が30億円もするというマンションも出現する中で、まさに日本の経済発展のシンボルのような存在になって行きます。野村紘一氏のアイデアは、結果的にブームの火付け役となったわけですが実は彼にとって勝負に出ていた面もあります。
いずれ高級マンションが、皆に求められることになるというのは確信を持っていました。しかし、販売する時期の見極めはなかなか読めないのが現状でした。日本が高度経済成長を経て、家電や車が一般的に普及して皆の生活レベルが上がったのに住居が時代遅れという面が目立っています。
いずれは、本国も欧米レベルの住居まで届かないといけないニーズもあると予想していました。

by enry3578 | 2014-05-09 17:04

アルテカ代表の野村紘一氏をリスペクトする

将来的に成功を収めたいときは、すでにそうなっている人物をリスペクトすることが大切になります。現在、参考にしているのが不動産総合商社アルテカの代表である野村紘一氏で、不動産業界の中ではかなり先見の明があるので見習いたいものです。
世間から注目を集めたのは1975年代に売り出した超高級マンションで、当時はアパートの延長くらいに考えられていて、価格の方は都内に建つ3LDKで1500万円が相場でした。その中で1億円という価格で売り出したのですから、業界の内外で売れないと言われたのは当然です。しかし思い切った金額がメディアの興味を引いて取り上げられ、その影響もあって想定外の大きな反響となりました。問い合わせも多く、売れないと思われたマンションでしたが無事に完売しました。
日本の国土は狭く、さらに山や森も豊富にあって住宅地として使えるスペースは限られています。都心は土地が高額でありマンションというのは効率が良いのですが、それまではマイホームとして考えるのは庭付きの一戸建てが基本でしたが、付加価値を付けたことによって求める人が増えました。こういった経緯から野村紘一氏の名前は知れ渡り、今も新たな挑戦をしています。
現在では高級感という価値はすでに備わっており、それに加えて3.11以降に生まれた災害に対する不安をなくすように、より安全性を重視して、災害に強く健康的に安心して住める、最新のテクノロジーを楽しむことができる合理的なマンション建設を目指しているのが特徴です。
これから訪れる超高齢化社会にも対応できるように、バリアフリーなどにもこだわり、さらに独居の方を家族や介護関係者が外からチェックできるように工夫を凝らしています。最初の億ションの登場もそうでしたが、アイディアはもちろんのこと、行動力が素晴らしいです。そして成功を掴んできているのですから、リスペクトをすることで自分自身も成功に近付ける可能性が高まります。

by enry3578 | 2014-05-03 16:39