人気ブログランキング |

アルテカ代表である野村紘一氏の展望について

不動案総合商社アルテカの代表である野村紘一氏は、日本ではじめて超高級マンションの販売をはじめた人物であり、その先見の明は確かです。今でこそ「億ション」の名前は当たり前になっていますし、終の棲家や資産価値として確かなものとなっています。しかしながら販売当初の1975年代はマンションはアパートの延長線と思われていて、平均価格は1500万円でした。その中で1億円という価格で売り出したわけですから、無理だ、売れるわけがないと言われていました。
しかし結果として野村紘一氏のチャレンジは成功しました。話題性から反響が高く、確かな付加価値が認められて問い合わせも数多くあり、テレビや雑誌でも取り上げられて「億ション完売」と報じられて一般にも存在が知られるようになりました。それまでマイホームといえば庭付きの一戸建てが基本でありましたが、ここでマンションも同様の価値があるのだと広く知れ渡り選択肢が増えたのは大きいです。ここから超高級マンションがブームとなっていき、アルテカはその火付け役になったといえます。
こういった面から野村紘一氏の先見の明は確かで、業界の内外から動向に興味が向けられています。現在はこれまでの発展を踏まえて、今後の展望として安心安全な住環境と付加価値に力を入れて提供することを心掛けてるようです。3.11以降、さまざまな悪影響は残っていて、特に住まいに対する不安が大きくなっています。すでに高齢化社会ははじまっていますし、これが超高齢化となるのも時間の問題です。
そのため少しでも安全に暮らせる住まいがこれからの課題であり、不安を解消して快適性を高める、災害に強く健康的に安心して暮らせる部分を重視した合理的なマンションが大切だと語っています。これまでの高級感というクオリティを守りながらも、より住まう人を考えた住居作りが大切であり、過去の経緯を踏まえて新たな住宅づくりの展望に注目が集まっています。

by enry3578 | 2014-04-30 16:39

野村紘一氏がアルテカで行った業績

野村紘一氏は不動産総合商社アルテカの代表で、名前が知られるようになったのは1975年ごろです。この時代に開発された「ベルテ原宿」が超高級マンションのはじまりと言われていて、販売当初は絶対に売れないと言われていた物件になります。理由ははっきりとしていて、当時のマンションは平均価格が1500万円でマイホームの購入といえば庭付きの一戸建てとなっていました。この時代のマンションはアパートの延長線上であり、それだけに高額な価格では売れないと思われたのは当然です。
しかし野村紘一氏の見解は違っていて、日本は島国であり山が多いので住宅地にできる場所は限られています。欧米に比べて土地の有効活用が遅れていると当時から痛感していたようで、景気に左右されるのではなく、付加価値を高めることでマンションに特別感を出すことが必要だと考えるようになっていました。庭付き一戸建ての神話は残っていますが、付加価値を付けることによって、マンションに魅力を持たして消費者に欲する内容に仕上げていきました。
売り出した直後の反響は想像以上に大きく、業界だけではなく外部からも注目を集めて、テレビや雑誌などメディアでも取り上げられて「億ション」の名前が付けられました。興味を持つ人は多く、問い合わせも多かったです。最初は絶対に売れないと言われていたマンションですが、売れ行きは好調ですぐに完売になりました。その後も超高級マンションの需要は増えていき、日本の経済発展の象徴のような存在になっていきました。
ブームの火付け役になったと言えて、ただこれは成功した後だからこそ言えて、実際のところは勝算はあってもリスクも大きかったはずです。付加価値の付いた超高級マンションとはいえ平均価格が1500万円の中で1億円というのはかなりの高額になります。これを決行したところに野村紘一氏の先見の明があるといえて、マンションに付加価値をつけて売り出すことに成功しました。

by enry3578 | 2014-04-25 15:29

野村紘一社長が手がける渋谷区にあるマンション

株式会社アルテカの社長を務める野村紘一さんがプロデュースした渋谷区にあるマンションは日本の代表的な超高級マンションの1つです。このマンションは、フロントの営業時間が24時間サービスで提供されているので万全なセキュリティ体制が整っています。地下に運転したまま駐車できる自走式の大型駐車場が完備されているのです。南側と北側の2面にそれぞれエントランスロビーがあります。そして飼育細則を守っていればペットを飼うこともできるという様々なサービスが行き届いた超高級マンションとなっているのです。
野村紘一社長がプロデュースした渋谷区の超高級マンションには居住性が優れている幾つかのプランが用意されています。5階にある3LDKの間取りの部屋にはルーフバルコニーが付いているのです。4面とも大きな窓がある開放的な間取りとなっていて30畳以上のリビングは非常にゆとりがあります。専有面積は155.81平方メートルもあり、バルコニーも27.44平方メートルあるので充分な広さとなっているのです。バスルームには非日常間を楽しめるサウナの設備が付いています。4人家族でもトイレが2つあるので朝に家族がトイレを済ますのを待つことなく充分なゆとりがある生活を送ることが可能です。
別のプランは3階にある2LDKの間取りとなっていて、東南方向の角部屋となっています。2つある寝室が両方とも東南方向の角にあるのです。こちらのプランの専有面積は106.83平方メートルとなっていて、バルコニーは9.61平方メートルとなっています。
どんな立地にあるかというと都心の中心部である新宿まで歩いて、およそ11分ぐらいに行くことができ、最寄り駅である参宮橋駅からも初台駅からも歩いて7分で行くことができる場所にあり非常に利便性が高いです。このように野村紘一さんが手がけるマンションは非常に高級感があり、ある程度の人数がいる家族であっても都会の生活が満喫できる様になっています。

by enry3578 | 2014-04-20 15:27

野村紘一さんに土地活用方法を相談するのも良い方法

野村紘一さんが社長を務める株式会社アルテカでは土地や不動産物件の売買取引だけではなく、土地の有効な活用方法についても、お客様の立場に立った相談を受け付けています。
土地を有効に活用する方法といっても、色々な方法があり、収益性やリスクについてもそれぞれに差があるのです。そのため短い期間で高額な資金を得たいケースと、安定した収入を長い期間得たいケースでは適した土地を活用する方法は当然違ってきます。株式会社アルテカの野村紘一社長は早い時期から高級感がある不動産物件の付加価値を見出していて、1部屋あたりの販売価格が1億円を超えるような高級マンションをプロデュースしている人物です。
土地や不動産物件は活用する方法次第では、高額な資金を借り入れなければならない場合もありますが、その借入金に対して、しっかりとした返済計画を立てられるような経済状況でないと行うべきではありません。そして、土地や不動産物件を活用する方法には、その土地の周辺の環境や立地条件によって、それぞれ向いている方法と向いていない方法があります。
今現在の自分の土地以外の資産を含めた経済的な状況を踏まえた上で対応するべき問題を明確にして、それと同時に活用することになる土地が持っている特徴を知っておいた上で、最も適している活用方法を選びとることが重要です。相談する会社や人物が重要になってきます。だからこそ野村紘一さんが社長を務める株式会社アルテカがおすすめできる相談相手といえます。
現在はバブル経済が崩壊して土地や不動産物件の資産価値が下がってきています。そのため保有したままだと資産価値が減り続ける可能性が高いです。また土地を所有しているだけで生じる都市計画税や固定資産税といった経済的な負担も存在します。土地を所有していると将来家族が相続税を負担しなければならない可能性もあるのです。野村紘一さんの協力の下、土地を売却するというのも有効な活用方法の1つとなります。

by enry3578 | 2014-04-12 15:25

野村紘一さんが代表のアルテカの事業内容

野村紘一さんが代表を務めるアルテカではトレンドデザインを意識している高級マンションの設計を行っています。アルテカで野村紘一さんは、東京都の中に1部屋あたりの販売価格が1億円を超えるような高級マンションなどを、たくさん生み出すといった事業を展開しているのです。
1部屋の販売価格が1億円を超える高級マンションを建てたのは日本国内で初めてのことで革新的でありながらも実績に基づいた信頼がある不動産会社として非常に有名な存在となっています。中でも流行の最先端を先取りするかのようなトレンドデザインの高級マンションを建設していくことが野村紘一さんが手がけるアルテカのセールスポイントとなっているのです。
東京都の表参道など海外の一流ブランドを取り扱っている店舗にも勝るとも劣らないような、他に類を見ない商業ビルのもアルテカが設計が行って建築されています。表参道などに建てたアルテカのビルはガラス張りになっていて最先端のデザイン性を感じさせる建物となっているのです。
高級マンションの建設に関しては、設計から工事の進捗管理に至るまでの複合的な建築関連の事業を行っています。今まで培ってきたトレンドデザインの建物を設計できる能力は、アルテカの建築事業の中でも特に大きい存在感を持っているのです。
そんなトレンドデザインが特徴のアルテカの設計ですが総合的な事業を展開していることも特徴となっています。不動産の総合的な企画を立ち上げたり、新技術を開発したり、建材を仕入れたりもしているのです。そして建築事業をマネジメントしたり、建築物の設計デザインを行ったり、建物の構造を頑丈にするだけではなくデザイン性を高める意匠設計を行ったり、その設計が規格に適合しているかをチェックしたりもしています。
他にも内装もデザインしたり、構造を管理したり、一般的な建築工事も行っています。設計や施工管理に加えて店舗の企画や、ハウスキーピング、エンターテインメントといったことも担当しているのです。

by enry3578 | 2014-04-07 15:23