人気ブログランキング |

野村紘一氏は超高級マンションの先駆け

株式会社の野村紘一氏は超高級マンションの先駆けをし続けている人物です。その質は完璧でクオリティの高い外観に居住空間も優れていて有名人も購入しています。野村紘一氏が凄いのは不動産事業に関しての斬新なアイデアと実行力です。その代表といえるものが億ションとされる超高級マンションです。
億ションが始まったとされるのはアルテカが開発した1975年に建築された「ベルテ原宿」で、都内の3LDKのマンションの平均価格が1500万円だった時代に1億円のマンションを誕生させています。
最初はそんな高額マンションが売れるはずがないと言われたようで、当時のマンションの感覚はアパートの延長線上に考える人が多かったようです。
家を建築して購入するなら一戸建てが主流の時代でした。ただ、日本は狭い島口で山も多いため使える土地は限られています。欧州と比較しても土地の有効利用が遅れていると既に当時から野村紘一氏は痛感していて、景気に左右されずに自分で付加価値を高めて有効利用する開発をすることで、日本の住宅文化が豊かになって付加価値の高いマンションを建築することで必ずそれを必要とする人もいると考えてチャレンジしたようです。
実際にこの超高級マンションに興味を持つ人が多くいて、売れ行きも好評でメディアでも即完売と取り上げられ話題になりました。それからも高級マンションの需要は増えて5年間にマンションの部屋1室が20億を超えることもあったようです。中には1室が30億円のマンションも出たりと日本経済の象徴のような存在にまでなり驚く限りです。
野村紘一氏は、当時は時代に先駆けた勝負の面もあったと語っていますが、ただ高級マンションが求められるとは確信していたそうです。売り出す時期の見極めはかなり難しかったですが、高度経済成長を経てから家電や車が普及して人の生活レベルは上がっても住居だけがついてきていなかったため、日本もいずれは欧米レベルの住居までになる必要があると強く感じていたとあります。
その中で潜在的なニーズもあって流行するという予想もして、そして素早い決断と実行によって億ションは誕生しました。

by enry3578 | 2014-03-31 13:04

今注目の経営者である野村紘一氏について

たくさんある企業の中で個性をアピールすることはとても難しいことです。何処の企業も似たり寄ったりで、サービスを受ける側としては「どこでも良いんじゃないか」と思いがちではないでしょうか。特に、人生最大の買い物ともいわれる「住宅」については、なおそのような考えが多いのだと思われます。
あなたは「アステカ」という不動産総合商社をご存知ですか。この会社の経営者である野村紘一氏は、住まいから日本のことを考える経営を目指しているのです。
私達にいちばん身近な不動産問題といえば、部屋の賃貸ではないでしょうか。アステカでは、高級マンションと呼べるような豪華なマンションの情報が数多くあります。高級志向のマンションを求める方は数多くいるので、そのような方たちの手助けとなるでしょう。また、土地活用の面でも実績もあり、有名演歌歌手の方なども信頼をおいているのです。
また、経営面だけではありません。野村紘一氏は参議院選に出馬した経験もあるのです。自分の経営だけでなく、日本全体のことを考えて行動を起こそうとしたその姿勢には、非常に敬意を表するべきものだと思います。また、ある演歌歌手の方からのご指名で、「アイスバケツチャレンジ」にも挑戦しています。アイスバケツチャレンジとは筋萎縮性側索硬化症、いわゆるALSの研究を支援するためバケツに入った氷水を頭からかぶるか、アメリカALS協会に寄付をする運動のことです。もちろん片方だけではなく両方行うことも出来るのですが、野村紘一氏はその両方も行っています。インターネットでは動画もあるので実際の様子がよくわかりますが、叫びながらも楽しそうに頭から水を浴びている様子が良く分かります。このように野村紘一氏は、非常にユーモアのある方といえるのではないでしょうか。
世界情勢は大きく変わります。そのなかでも住まいの視点から現代の日本の問題を切り込む姿勢を見せる野村紘一氏は、とても個性的な人物であると言えます。

by enry3578 | 2014-03-26 13:03

高級マンションブームの火付け役である野村紘一代表

現在の日本においては珍しくなくなった超高層マンションですが、昔は一軒家を求める人が主流だったといわれています。庭付きのマイホームを持つことが夢とされた時代が長くあった日本ですが、超高層マンションブームによって住居に対する価値観も多様化しました。
野村紘一代表は、マンションのイメージを一新した超高層マンションブームの火付け役ともいわれている人物です。億を超える高級マンションの普及に影響した立役者として、野村紘一代表の名は広く知られるようになりました。
都内に存在している3LDKマンションの平均価格が千五百万円程度であった当時、一億円という価格のマンションが登場したことは業界に大きな驚きを与えました。平均価格の6倍を超える高額さだったため、売れるわけがないという声もあったそうです。
しかし周囲の予想に反して、その反響は非常に大きく問い合わせが多数あったとされています。超高額なマンションとしてメディアも大きな注目を寄せていたため、完売になったことも世間に広く報じられました。この後高級マンションの需要はますます高まっていき、好調な経済を反映するように億を超える物件が完売していったといいます。
ブームの火付け役となった野村紘一代表は、当時について「勝負の面もあった」と語っています。いずれ高級マンションが求められる時代になるということについて確信があったものの、タイミングの見極めが非常に難しかったといいます。時代を牽引し切り開いていく存在となるためには、周囲の意見に左右されることなく大きな勝負に出る必要があるのかもしれません。目に見えていない潜在的なニーズを直感し、最高のタイミングでブームを仕掛ける、それが時代を引っ張っていく人物に求められる資質だといえそうです。マンションという存在に特別な価値を付与し、さらに時代を象徴するようなブームを作り出した人物として、野村紘一は現在も多方面から注目を集め続けています。

by enry3578 | 2014-03-20 13:02

野村紘一さんが見据える不動産市場の未来

野村紘一さんは超高級マンションを日本国内でも、先駆的に注目し販売を広く手がけてきました。億ションの名称が一般化したのも、野村紘一さんが旗振り的役割を演じたことは間違いありません。1975年当時の都内3LDKのマンションの平均単価が1500万円だった時代に、1億円もの高価格のマンションの販売にのりだし、不動産市場でも活目された程です。まだまだ戸建て住宅が、不動産市場の中心的だった当時にあっては、マンションは持ち家の延長線上に位置するため、高級路線を選択しても、市場のニーズを掴むことは出来ないとの大方の予想だったそうです。ところがこのような見方を覆し、1億円の億ションは瞬く間に購入希望者が集まりました。思わぬ成功を収めた背景には、当時の不動産に対する伝統的市場感には、違和感を感じていたとの野村さんの思いを挙げないわけにはいきません。日本は大陸のように広大な平野も輸送網も発達しているわけでもない島国であるにもかかわらず、土地の有効利用する支点が欠落していると考えたからです。伝統的な日本家屋に象徴されるように、必ずしも有効利用されていない事例が多く見受けられたのです。また不動産市場は時の景気に左右されることが多いのは事実ですが、付加価値を高めていけば景気動向に左右されることなく、土地の有効利用を進めて開発すれば、市場価値も住宅文化も合わせて向上できると考えたのです。現に野村紘一さんが、億ションを都内で販売を開始した当時は、まだ第一次石油ショックの景気後退の傷跡がまだ深く残っていた時代です。世の中かでは、リセッションをダメージから十分回復していなかった状況に立たされていたのに、売り出した新築億ションは市場の人気をさらうことになりました。その後も日本は数々の不況や市場環境の急変などに遭遇することになりますが、野村紘一さんはいまだに不動産市場のパイオニアとして、第一線に立ち続けているのです。

by enry3578 | 2014-03-18 13:01

野村紘一と土地総合開発事業について

野村紘一とは株式会社アルテカの代表をつとめている人物です。株式会社アルテカの事業内容は不動産事業という大きなくくりがありますが、野村紘一氏が手掛ける不動産事業の一つには、土地の総合開発があります。総合開発の中には、土地の有効活用を初めとして、相続対策や節税対策、売却など様々な相談を受け付けているのが特徴です。
土地の有効活用と聞いた時、駐車場にする、第三者に貸し出す、アパートやマンションを建設して不動産投資を行う、広い土地などでは太陽光発電システムを導入して発電を行うことも可能になります。これらの活用法は、既存の土地を使っての活用法であり、売却も一つの有効活用に繋がります。売却すれば手放すことになるので有効活用にならない、売ったらそれまだなどのように考える人は多いと言えましょう。しかし、売却することは現金を手に入れる、そのお金を使って他のビジネスを始めるための準備にもなるわけです。
相続対策の中には、親から譲り受けた不動産をどのようにするのが良いのか、不動産を相続すれば相続税を納めなければならないので、早い段階で売却を行って節税対策を考えるケースも多いと言えましょう。土地を売りたいけれども、どこに相談すれば良いのか分からないと言う人も多いかと思われますが、株式会社アルテカが手掛けている総合開発事業の中には、どうすれば良いのか相談から始めることが出来るメリットを持っています。最近は、将来の年金や老後の生活に不安を抱く人が増えている関係からも不動産投資に注目が集まっています。土地を仕入れてアパート経営を行うためには購入からのスタートになるわけですから、既に土地を所有している人と比較した場合、スタート地点が少々後退していることになります。
株式会社アルテカには賃貸事業があるのですが、不動産投資を行うオーナーさんへの賃貸経営サポートシステムを用意しており、不動産投資の中での不安をなくし、成功に導くためのサポートも行っているのです。


by enry3578 | 2014-03-13 14:36

懐の広さと自信を見せつけた野村紘一氏

今でこそ超高級マンションは珍しいものではありませんが、最初は驚きを持って迎えられました。野村紘一氏は1975年という早い時期に欧米並みのクオリティと価格帯を持つ物件を世に送り出します。当時のマンションは1500万円程度が一般的でしたが、野村紘一氏が手がけたものは1億円です。懐疑的な目で見る向きも少なくありませんでしたが蓋を開けてみると問い合わせが殺到するほどの人気ぶりでした。その後は1室で何十億円とするマンションが登場するなど、一大ブームを巻き起こします。野村紘一氏は正しくその火付け役であり経済界に大きな足跡を残すことになりました。
当然ながら同業他社からは常に注目を集めている存在です。マンションの見学会の半分は入居希望者ではなく、研究に訪れる人だったというエピソードさえ残されています。普通は敬遠するものですが野村紘一氏はあえて排除しようとはしませんでした。全て隠すこと無く公開し模倣を批判する気もありません。それは人間的な懐の広さを感じさせますが、実はそれ以上に自信の表れを示しています。たとえ好評を得たマンションであっても全く同じものを作ろうとはしません。それぞれの土地や物件に合わせた付加価値を加えることにより、価値を高める施策を常に行っています。さらに周辺の土地へ自然に溶け込むマンションを作っており地元住人にも快く迎えられている存在です。評判を呼べばさらに多くの新築物件が集まることになり、地域の活性化にも繋がります。こうした総合的な相乗効果こそが超高級マンションが持つ社会的意義です。
野村紘一氏は常に時流を読み適切な手を打ち続けています。小さなマーケットを競争でレッドオーシャンにするのではなく、むしろ市場の拡大が優先している事柄です。湾岸地帯のタワーマンションなど様々な住居形態は続々と誕生しています。そのような業界をリードする人物として、今後も衆目を集め続けることは疑いありません。

by enry3578 | 2014-03-08 14:35

野村紘一は超高級マンションの火付け役

今や都心部にも登場している高層マンションの数もかなり増えていますが、超高級マンションの火付け役と言われているのがアルテカの社長野村紘一です。ちなみに今当たり前に使われている「億ション」という1億円以上のマンションですが1975年に開発された「ベルテ原宿」がその第一号です。
3LDKの都内での相場は1500万円だった時代にもかかわず、なんと1億円のマンションを登場させたことでも話題になりましたし、今でもそれは伝説として残っています。それまでは一軒家というのがそもそも日本では主流となっていましたが、日本の地形の特徴でもある島国で面積も狭く、山地も多いというところに目を付けて、もっと欧米よりマンションの開発を進めても良いのではないかという事で進められてきました。
その当時、興味を持つ人もかなり増えて、問い合わせも殺到したそうです。そこからさらに進化して、野村紘一は一部屋20億円そして今では、なんと30億円とも言われる超高級マンションにも広げていったのです。時代の先駆けとも言われていますし、勇気のいる事だったでしょう。しかし、実際それは成功していますし、億ションも富裕層の間ではかなり需要が高まっています。
野村紘一の会社のアルテカでは、ベルテシリーズの人気はとても高いです。高品質で立地も良く、口コミでもどんどん広がっている状況です。今後の企業業績にも大きな影響がきっと出てくる事でしょう。
超高級マンションは、都心部で高層、しかもその内装やシステムであったり、共用スペースの利用方法もかなり工夫が見られます。リサーチをしたり、時代に合った方法で取り入れていく事で需要も高まりますし、さらにそれを売却する時に資産価値としても高まっている事も多々あります。サービスなどの付加価値を付ける事でも、立地や部屋の広さだけではなく利用したいと思う背景が絡んでいます。野村紘一の戦略は成功と言えるでしょう。今後のアルテカにも注目です。

by enry3578 | 2014-03-02 14:29