人気ブログランキング |

日本に億ションを生んだ野村紘一氏

不動産会社アルテカを経営する野村紘一氏は、日本で初めて億ションを誕生させた人物として知られています。日本初の億ションは、1975年にアルテカが開発したベルテ原宿です。当時、日本ではまだ家を買うなら一戸建てという考えが強く、マンションはまだアパートが少し豪華になった程度のものと思われていました。そこに颯爽と登場したのがベルテ原宿でした。そのころ、都内の3LDKマンションは1500万円程度の価格が平均でしたが、対してベルテ原宿の価格はおよそ1億円と、それまでの物件と比べて非常に高価なものでした。その高額さに売れ行きを懸念する声も多くありましたが、ふたを開けてみれば即完売で、日本の不動産業界に大きな衝撃を与えたのです。
ベルテ原宿の好調な売れ行きは、日本で高級マンションの需要が多いことを世の中に知らしめました。その後、日本では高級マンションが次々に誕生していきます。ベルテ原宿以後、5年ほどの間に億ションが続々と開発され、さらに高級な、付加価値の高い物件が多く生まれていきました。1室の値段が20億円や30億円という超高級マンションさえ出現したのです。当時の日本経済の好調とリンクして、その発展ぶりは目を見張るばかりのものでした。
しかし、野村紘一氏が決してブームの後追いではなく、日本の億ションのさきがけの人物になったのは、高級マンションに対する強い信念があったからでしょう。まず、日本では土地が少ないため、これからは一戸建てに限らず、土地を有効活用するマンションが求められるという考えが根底にありました。そして、ただ箱としてのマンションを作るだけではなく、そこに付加価値を生みだすことが重要だという考えも持っていました。経済成長を遂げた日本では、高級なマンションを作れば必ず需要はあると確信したのです。そして、それを実行すると決断し、上手にタイミングを見計らって行動に移しことが、野村紘一氏の不動産戦略の成功の要だといえるでしょう。

by enry3578 | 2014-02-25 14:26

野村紘一さんのような経営者になりたい

野村紘一さん率いる日本の不動産総合商社のパイオニア「アルテカ」の素晴らしい点は、常に新しい事業を導入し、消費者の更なる満足度へ繋げていっている点です。
アルテカは日本で43年間もの間、不動産総合商社の第一線として活躍しています。実績や歴史を重ねれば重ねるほどに企業というのは消極的になりがちですが、アルテカに関してだけはそれが当てはまりません。新しい事業にも恐れることなく取り組んでいくその姿勢は、まさに自分たちのためだけでなく今まで会社を支えてきてくれた消費者のためのものであり、自利ではなく圧倒的なまでの利他の精神があってのもの。自分さえよければ良いと思い始めた途端に企業というのは面白いほどに衰退していきますから、アルテカが長く続いているということ自体が、自分たち以外の消費者の事を大切に思いながら向き合っていることの証明でもあると十分言えるでしょう。
野村紘一さんは社会貢献についても述べており、どれだけ広い視野で人々のための事業展開を考えているかがそのことからも伺えます。豊かで快適な過ごしやすい街づくりというのは、確かに建物あってこそです。人々が利用しやすい建物が増えることで、建物の不便さに対する本当は不必要なストレスが無くなり、より心豊かに暮らしていくことが出来る。
言われれば「なるほど」と思いますが、これを自分から考え、行動に移せる人はそうそう居ません。それが出来る人というのが、アルテカの代表である野村紘一さんなのです。
野村紘一さんは企業のスタート当時から、消費者のニーズについてとても思いを巡らせていました。これは彼の発言の端々から感じることが出来ます。不動産に対して時代に合った付加価値を付けることに視点を置いているのは流石ですし、安い価格設定をするだけでなく、そこにプラスして質の高さも感じられる物でなければならないと考えられる経営者というのが、今の日本にどれだけ居るのでしょうか。総じて野村紘一さんという人は、本当に素晴らしい方だと思います。

by enry3578 | 2014-02-19 13:30

野村紘一氏の休日の過ごし方について

野村紘一氏は不動産事業を展開する会社の社長ですから、毎日が忙しくて休みがほとんど取れないのではないかと思われがちです。実際に数年前までは仕事が忙しいため、プライベートな時間はほとんど取れませんでした。
しかし野村紘一氏は一時的に体調を崩したことによって、健康の重要性を身をもって知りました。これまでも家族を含めて友人たちから健康が大事だといわれてきたものの、理解しているつもりで本当にわかってはいませんでした。それが床に臥す状態が続いたことで、お金を儲けたり仕事を楽しむことよりも、まずは健康を大事にすることが一番だとわかったので、どれだけ忙しくても必ず食事の時間を設けて休日を作るようにしています。
食事の時間は以前は会食として取引先や同僚と話をしながら食べていましたが、今は純粋に食事を楽しむ時間にしました。
そうすることでゆっくり噛んで味わえるようになり、以前よりも色んなものが食べたいという食欲が出るようになりました。
人間とは不思議なもので、食欲が出ると他の欲も出るようになり、より楽しい仕事にするために斬新なアイディアが次々とわいて出てくるようになりました。
そして休日には仕事から一切離れて、愛車を運転して遠出をすることがあります。郊外に行ってウォーキングをして軽く運動をすることによって頭の中がすっきりします。同じ経営者の中には会社に行く前にトレーニングジムで汗を流してからのほうが仕事が捗るという人も少なくありません。
しかし野村紘一氏は元々、運動はそれほど好きなタイプではないので、朝はゆっくりと睡眠をとってから仕事に向かうようにしています。1週間か2週間に1回ほど、遠出をして軽い運動をするくらいが自分には合っているということがわかったからです。人間にはそれぞれ体質も考え方も違いますから、自分に合っているものは何かを把握することが、自分の人生を充実させるための近道だと野村紘一氏は考えています。

by enry3578 | 2014-02-14 13:28

野村紘一氏は中古マンションの注目をしています

野村紘一氏といえば、億をこえる高級マンションを次々と建設した有名な人物ですが、最近は中古マンションにも注目をしています。
その理由としては、日本は都心に中心していることもあり、高級マンションをたてられる場所は限られているからです。
便利な土地は争奪戦になるくらい人気が高く、価値も高くなっていますし、すでに他の会社がマンションを建設しているということもありえます。
そこで野村紘一氏は、すでに築年数がある程度たって価値が下がってきている中古マンションを、リフォームやリノベーションをすることでよみがえらせて価値を高めることが大事だと考えています。
築年数が経ったものは当然ながら価格や価値が下落して、設備も古くなっています。人間は新しくて綺麗なものを好むことは当然ですから、中古というだけで需要が下がることは否めません。
ただ現在はリフォームやリノベーションの技術は常に進化していて、建築設備メーカーも新築用だけでなくリフォーム用の設備を販売しているほど力を入れています。家を建て直すよりも、リフォームをするほうが費用面でも安く抑えられることから、これからさらにリフォームをする人が増えるといわれていることも要因になっています。
野村紘一氏は、外装を変更して、内装も入居者に合わせてリフォームできるというプランをつけて販売したらどうかと提案しました。
これまでは中古マンションの購入者が自分で工事を手配していたため、物件取得費用の他に工事費用も必要になりました。購入してから工事が終わるまで入居できないという問題もありましたから、野村紘一氏はその問題点を解決するために、リフォーム工事付きの中古マンション販売を考えています。
内装材やクロス、設備の種類なども複数のプランから選ぶことができるので、柔軟性が高いところが魅力になっています。中古マンションを活性化させれば、住宅の高騰を抑えることができ、働いている人が自分の理想の住処を手に入れられるようになります。

by enry3578 | 2014-02-08 13:26

野村紘一氏のITを取り入れた防犯設備のある不動産

野村紘一氏は1億をこえる億ションと呼ばれるマンションを数多く建設し、話題になった人物です。
マンションを建設して販売するだけでなく、野村紘一氏は入所者に長く快適に住んで欲しいという考えから、ITを駆使したセキュリティを積極的に取り入れています。防犯に関して高い意識を持っているマンションの多くはすでにオートロック機能がついていたり、周辺に防犯カメラが設置されています。入口だけでなく裏口がある場合には、そこから不審者が侵入しやすいことも考えられるので、防犯カメラは欠かせません。
しかし防犯カメラだけでは抑止力にならないということから、野村紘一氏はとにかく被害を持ち込ませないようにすることが大事だと考えています。そこで駐輪場などは全てマンションの敷地内にあるフリースペースに設置することを提案してます。
フリースペースといっても住人以外は立ち入ることができませんし、中にも防犯装置が設置されているので安全が強化されています。
ただ人によっては防犯カメラがありすぎると監視されているような気持ちになるので居心地が悪いと感じる人もいることを理解してます。そのため野村紘一氏は入居するときに防犯装置があることを了承してもらった人だけが入居する権利を得られるようにしたらいいと考えています。
これは厳しいのではないかという指摘もありましたが、高級マンションに住みたいと考える人は被害者になる可能性が多い人達ですから、ほとんどが賛成の意見になり、さらに安心して暮らせるのでありがたいという声が上がりました。
ただ野村紘一氏は見た目にも防犯カメラだとすぐにわかるような設備はスマートでないと考えていますから、一見しただけでは防犯装置だとわからないようになっているものを導入しています。
遠隔操作で常に問題がないかを確認しており、問題があればすぐに提携しているセキュリティ会社に駆けつけてもらえるので、多くの人に人気がある装備になっています。今はまだ網膜認証や静脈認証は一部のマンションしか取り入れられていませんが、これからはより多くの不動産に導入したいと計画中です。

by enry3578 | 2014-02-02 13:23